FC2ブログ
文章屋Y.S.のよしなしごと日記、音楽映画書評など

最近のEPUB3(縦書きルビつき日本語)書籍作成手順

 EPUBの作成環境はちっとも前進しないですね。そんな中、僕はこうやって作ってますよー、という記事を書いておきます。繰り返しも多いです。それだけ、環境が進歩していないってこと。

 文書の作成、最初の段階では僕はテキストエディタを使います。PCではTeraPad、iPad、iPhone(あまり使わないですが)ではiTextPadです。ルビはカッコにおさめて、とりあえず書いていき、ざっと推敲したら、

 次は「一太郎」です。この段階で、PDFも意識しながらレイアウトを定め、ルビをカッコ書きから正式なものにし、縦中横やフォントの設定もやっていきます。

 これを「印刷」で、例えばAcrobatなどを使って出力すれば、すでにPDF電子書籍の出来上がります。表紙などは別途、PhotoShopなど画像をPDF出力できるソフトで作って、挿入します。

 そして一太郎版をベースにEPUBを作成します。

 最新の一太郎はEPUB出力機能を持っています。が、そのまま目次もうまく働くようなものは作れないです。そこで、いったん一太郎で出力したものを、Sigilというフリーソフトで編集していきます。

 Sigilは、あえてバージョンの古い0.5.3を使用しています。現時点での最新版は、ソースと実際の表示のスプリットビューが廃止されたのはまだしも、縦書き日本語の表示が横倒しになってしまい、大変使いづらいです。早くなんとかしてもらいたい。

 ともかく5.3であれば、横書き表示ですがまともに読める状態で、太字や右寄せなども確認できます。

 これを使い、「裏表紙など画像の挿入」「奥付など編集」「目次の作成」を行い、「使える」EPUBとして仕上げようというわけです。

 画像は、ファイル→新規→既存のファイルを追加 で追加できます。僕は一番新しいiPadの解像度を基準に画像サイズを決めて、JPEGで作っています。PDFみたいに大きな画像はファイルサイズをでかくするだけで意味ないと思います。長辺が2048pixです。
 画像を取り込んだら、挿絵や裏表紙のほしいところに、ファイル→新規→空の章を作ります。そして、cover.xhtmlから、画像表示のソースをいただきます。<head/>から</body>までコピーし、同じ位置に上書きペーストしたら、alt属性などを消し、画像ファイルのファイル名を編集します。

 一太郎で枠つきの奥付など作っていると、そこはEPUB変換の際画像になってしまいます。そのままではまずいでしょうから、そこは手打ちで書き直しましょう。全体が縦書きになっていれば、余計なところをいじらない限りその項も縦書きにちゃんとなります。

 いよいよ目次ですが、その前に「章の分割」の必要があります。
 アンカーによる目次も可能なみたいですが、僕は章ごとにテキストを分割しています。
 document.xhtmlを、所定の位置にカーソルを持っていき、編集→章に分割 です。わかりやすいようにチャプターごとのファイル名もchapter001、002とか変えていきます。ちなみに、ファイル名に関わらずEPUBファイルはsigil上での上から順に読めるようになります。

 ここから、以前も書いたような気がする目次作成。
 いじるのはtoc.ncxです。警告が出ますが、「高度な編集」をできるようにします。navMapタグの間が目次の中身です。
 navPointではさまれているのが目次の一項目。ここをコピー、ペーストしては、項目名とファイル名を編集していきます。Sigilではこのファイルを編集しているとき、リアルタイムで目次の項目が増加/変更されるのが確かめられるし、目次の項目をクリックすればその章にジャンプできます。

 まずはこれでいいのですが、一太郎でEPUBを作った場合、htmlのnav.xhtmlというのも生成されます。一太郎での目次機能はわかりにくいので僕は使っていませんが、使っていればこのファイルに目次が反映されるのかもしれません。

 olタグに挟まれているのが目次の項目です。このままでは、目次はノンブル表記になり、表紙ページが1になってしまうので不自然です。そこで僕はolタグをulタグに置き換えています。こうすると、html版目次は「・」項目がずらっと並ぶ形になります。
 あとはliタグで挟まれたところのテキストが項目名、ファイル名が該当ファイルですから、コピペで項目を増やして目次を反映させていきます。

 僕の場合は、この目次はEPUBリーダーの目次機能とダブって邪魔なので、ファイルの最後に移動させていますが、表紙の次にあってもいいでしょう。


 縦書きルビつきのEPUBを読むには、現状ではKinoppyが一番です。紀伊國屋電子書籍のリーダーアプリですが、PC、iPhone、iPad、Androidと、考えられるデバイス全てに対応しています。また、目次やルビにもばっちり対応。当たり前ですがこれがなかなか。iBooksなどお粗末なものです。DropBox経由でどのデバイスからも呼び出せます。

 PCのブラウザでは、わりと快適なのがChromeです。ただEPUBそのままでは読めないので、epub拡張子をzipに変更して(元ファイルはとっておくこと。逆方向の変換はなぜかうまくいかないです)、解凍し、nav.xhtmlファイルを起点にそて読めば、するするスクロールしてスムーズに読めます。ただまあ、Kinoppy for PCが進歩したので、もう必要ないかもしれませんけれど。
 
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Y.S.

Author:Y.S.
ネットを中心として活動する文章屋です。最近はiPhoneにはまってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
AD
AD

月別アーカイブ
ブログ内検索
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

AD

AD
タグ

iPad iPhone 電子書籍 Kinoppy Android 映画 大泉洋 こんにゃくゼリー Annular YouTube eclipse パソコン iPhoneJailBreak 脱獄 BDZ-AT350S GV-MVP/XS2 動画 キャプチャボード iOS5.1.1 レイアウト 時事問題 ニュース 社会問題 小説 箱庭の虹 性同一性障害 同性婚 縦書き ミステリ 一太郎 ダウンロード EPUB3 金環日食 ハードボイルド 修理 "ULTRA WiFi" 中古 ホームボタン エヴァンゲリオン iPhone5 ジャンゴ タランティーノ テキストエディタ jota 加藤コミッショナー 統一球 レビュー プロ野球 ヱヴァンゲリヲン 生活保護 著作権保護 動画編集 コピーガード Blu-ray 地デジ ブルーレイ アプリ ダウンロード販売 TPP 消費税 自衛隊 教育 同人誌 選挙 iTextPad