FC2ブログ
文章屋Y.S.のよしなしごと日記、音楽映画書評など

iPhone/iPad 愛用アプリ(入獄、非JailBreak)

 最近になって、iPhone、iPadともに脱獄を試みましたが、ずっと入獄状態で遣っていて、そう不自由は感じませんでした。

 今回は現在僕が愛用している、入獄状態。正規の「使えるアプリ」をいくつか紹介します。実用、仕事編。

・リマインダー
 iOS5から(たぶん)、標準で入っているアプリですが、これによって僕はこれまでいろいろ試したToDoアプリがいらなくなりました。
 タスクの項目を作ると、指定日時にアラートが知らせてくれます。GPSを用いて、「この場所に来たらお知らせ」というのも可能らしい。またiCloudによって複数のデバイスに自動同期します。
 リストはいくつでも作れます。僕は普通のタスクの他、「買い物リスト」とか、旅行の予定ができれば「用意するもの」リストを作ったりして、本当に実用的に重宝しています。

・DropBox
 厳密にはiPhone独自のアプリというわけではありませんが、もう手放せない便利さのオンラインストレージです。現在Microsoft SkyDriveやGoogleDriveなど、いくつものオンラインストレージサービスが出ていますし、いずれこれらの比較も記事にしますが、ここでのポイントは「連携できるアプリが多様」ということです。
 いくら容量が大きくても、PCならどこでもテキストや画像や動画が開ける、という程度ならiPhoneやiPadでは意味がないのですが、DropBoxは後述するiTextPadなどの使えるiPhoneアプリと連携しているのが素晴らしいのです。どこでもファイルの編集、同期ができる。

・EverNote
 定番メモアプリですが、無料なのに文句のつけようがない。文書をつくり(時には画像や音声なども入れて)、タグをつけて整理し、Cloudでどこでも編集、同期ができる。僕は創作のためのメモや、日々の日記未満の体調などの記録とか、毎日使っていますね。

・iTextPad
 ワープロと言えないまでも、iPhoneやiPadでWindowsのテキストエディタくらいのことはできいてもいいじゃないか、と思ってきましたが、なかなかいいのはありません。
 そんな中、有料ですがこれはおすすめできます。
 縦書きの表示確認可能(編集は横書き)、青空文庫書式対応という日本語専門エディタで、DropBoxとの連携で「どこでも編集、同期」が可能です。大変使えるアプリです。

・1password
 Safariは決して一番優れたブラウザではないし、特にiPhoneで、ログインが必要なページにいちいちIDやパスワードを入力するのは大変な作業です。
 1PasswordをPCとiPhoneに(iPadでも使えるが画面がiPhone用の小さなものしかない)インストールしておけば、これまたDropBox連携でCloudでパスワードの管理ができます。当然編集はPCがやりやすい。
 ただこのアプリ、たかがパスワードの自動入力をしてくれるだけ、にしてはものすごく高価です。でも20サイトまでなら、PC、iPhoneとも無料で使い続けられます。20もあれば、だいたいいけるでしょう。手打ちで簡単なID、パスワードのサイトもあるし、使用頻度低いサイトもあるし、TwitterやMixiなんかは専用のアプリもありますよね。
 僕は無料の範囲で使っています。で、無料とすれば実に素晴らしいアプリです。

 以上おすすめ入獄アプリ実用編でした。
スポンサーサイト



06/28のツイートまとめ

yozox

『Adosenseに加え、最近は忍者AdMaxがいい』こつこつアフィリエイト道|http://t.co/1hXBf0Up
06-28 18:43

地デジ録画(&ブルーレイ)の編集

  以前一度触れたんですが、アクセス解析を見ているとニーズがありそうなのと、環境が整ってやっと本格的に実験ができたので、パソコンのチューナーボードや、ブルーレイレコーダーなどに録画したデータの、パソコン動画化、編集、キャプチャ画像の取り方について、現状わかっていることを、記しておきたいと思います。

 うちの環境はBTOマシン(Core i5 メモリ8GB Windows7 64bit)に、アイオーデータのGV-MVP/XS2。加えて、先日触れた通りPCだけの録画じゃ限界があるんで、SONYのブルーレイレコーダ、BDZ-AT350Sを導入しました。

 GV-MVP/XS2のハードはなかなかよいです。ハードウェアエンコで高圧縮の小さな録画データがつくれ、BDに焼いてもサイズはふくらむわけではありません。このへんDVDと違うと思います。

 さて、PCであれBDレコーダーであれ、そのままではトリミング程度の編集はできても、例えばiPhoneに、例えばPSPにって具合に、好きなサイズの動画を作ったり、効果を加えてつなぎ合わせたり、ということは、地デジ、デジタルBS、CS放送の録画及び市販のブルーレイについては、できないです。静止画キャプチャすらできません。とても不自由です。

 これらの編集、静止画キャプチャ、好きな動画形式、サイズの再エンコードを可能にするためには、まず、とりあえずブルーレイに焼きましょう。もちろんブルーレイダビングの前に、不要な部分は切ってしまった方が、作業も軽く、HDD容量も節約できます。

 ブルーレイのコピーガード解除をしてくれるソフトとしては、DVDFab Passkeyがあります。

 このソフトは、試用期間(3週間だったか)ののち、有償で継続使用できますが、僕は思いきって無期限版を購入しました。まずは無料で、自分の求めるブルーレイのコピーガードがはずせるか、試してみましょう。購入の場合は、もうしょっちゅう、20%オフ以上のバーゲンをやってるんで、そのクーポンを必ず利用しましょう。

 バックグラウンドで動作し、ドライブにブルーレイやDVDがセットされると、ものの数秒で解析、コピーガードが解除できます。

 この状態のブルーレイは、エクスクローラーで簡単に中身を見ることが出来、中身をファイルごとにHDDにコピーもできます。STREAMフォルダの中に、.M2TS拡張子のファイルがありますが、これが動画本体です。

 再生と、キャプチャ画像取りだけなら、例えば、VLCMediaPlayerや Media Player Classic-Home Cinema(MPC-HC)が使えますGOM Playrerもいけるでしょう。この手の無料ソフトは紛らわしいリンクを押すと妙なマルウェアを一緒にインストールするはめになるので要注意。MPC-HCなら、コマ送りしながら、ここぞという場面で[ファイル]→[画像を保存]です。1440×1080で保存されますので、アスペクトを変更して1920×1080相当の比率で再保存しないと縦長の画像になります。

 動画編集ですが、先日日食を撮影した際の(ようするに保護されていないコンテンツの)編集は、無料ソフトで簡単にできます。無料の、Windows LIve ムービーメーカーが十二分な機能を持っています。トリム、連結、トランジション追加、音声追加、などなど。ただしおそらく、標準状態だとM2TSを読み込めないです。そこでK-LITE Codec Packの登場です。あらゆる形式の動画コーデック集。これにMPC-HCもくっついてきます。これの導入により多くの動画編集や再生のソフトで、多彩な動画形式の読み込み、書き出しが可能になります。

 で、自作のHDハンディカムビデオの動画化は成功した(YouTubeにアップしました)ものの、地デジ録画については、同じようにやってもちゃんと読み込めるように見えるだけで、音声が消えてしまいます。

 無料で何とかしようといろいろ調べ、かなりのフリーソフトを試しました。

 まず音声を消さず、M2TSを読み込み、トリミングを施して無劣化の同形式ファイルで書き出すという、Free Video Dubが使えるようでした。

 そして編集したM2TSをSUPER©というソフトで読み込みます。SUPER©が吐き出す動画のサイズや形式はとても豊富でフレキシブルです。ソフト起動後対象ファイルをドラッグ&ドロップし、諸設定して、encodeボタンです。サイズに関わらず、MP4AVC、H264がなんたって高圧縮低劣化で素晴らしい。

 ところが、一つだけ問題が。Free Video Dubが、残す動画が末尾までかかっている場合、出力できないというエラーを返すのです。何度やってもだめ。

 XMedia RecodeはM2TSを直接編集できるはずが、いじっているとクラッシュするし、Windows LIve ムービーメーカーでは音声は消えるし……

 結局行き着いたのが有償の、CyberLink PowerDirector(バージョン10)です。

 これだと音声が消えたりもしませんし、出力のバリエーションも豊富かつわかりやすい。あと、無料ソフトにはなかった、動画のクロップができます。ソフト内ではトリミングと呼んでるんですが、タイムライン上で何秒間切る、とかのトリミングと間違えそうなのでクロップと呼んでおきます。要するに、映像の枠内でさらに小さな枠を設定して、切り抜いた、結果的には動画のある部分をズームしたような加工ができるんです。しかも時間軸上で二点を設定でき、カメラがズームしてある登場人物を追うような加工が可能です。

 実は僕は、Adobe Premiereも持ってるんですが、これもM2TSをいじろうとすると頻繁に落ちます。

 音声消失にしても、Premiereというブランドのソフトがうまく動かないのも、僕の環境依存問題かもしれませんので、時間に余裕があって金をかけたくない人は無料ソフトから試しましょう。

 ここまでにあげた他にも、

 Freemake Video Converter
 Lightworks

 有名なaviutlも試しました。

 いずれも何らかの問題があって、僕の環境ではうまくいかなかったのです。TMPGencは実質有料なのでパス。

 CyberLink PowerDirector10は、安くはないですがお値段分の機能はあります。30日も無償で試せますから、おすすめしておきます。

 地デジや市販ブルーレイから、iPhoneやiPad、PSPやDS向け動画が作れます。Youtubeにアップできる(可能というだけで地デジは著作物だからそのままアップはダメですけど)形式に変換など、自由自在。僕の知る限り、まずはDVDFab Passkeyという有償ソフトがいります。DVDFabには他にもシリーズソフトがあrますが、特に必要は感じません。特にDVDは無料のDVDShrinkでできますし。あとは環境次第で、無料でやれる可能性があります。いろいろと試してみて下さい。

探偵はBARにいる レビュー

1.「相棒」制作チームが関わっている
2.個人的に縁のある北海道が舞台
3.大泉洋が主演

 などから、観たくてしょうがなかったのだが、やっとのことでレンタルできた。

 「和製ハードボイルド」+「無国籍アクション」といった趣。

 美女や悪女と探偵が絡む。暴力で死地に追いやられた探偵がよみがえり真相に迫る、という要素はまさにハードボイルド。ただ大泉洋が演じるが故に、ユーモアとシリアスの両面を持って、ちゃらけているかと思えば急にカッコよく見えたりする様はルパン三世のよう。
 一方、ダイヤルの黒電話と携帯電話が同時に登場するとか、全体のおとぎ話感は、ススキノの夜の顔をリアルに描いたというより、リアリティにしばられない無国籍アクションの様相。

 ミステリとしてみた場合、大した新味があるわけではないが、登場人物それぞれの痛みが心にしみる。また大泉洋だけでなくワルの方の高島政信あたりの役作りもなかなか。

 アクションは、劇場映画ならではで、妙にリアルできつめなので、好きな人にはいいけど、家族で一緒に楽しむといった感じではないので要注意。

 続編が出るそうでとても楽しみである。次は劇場で観たいかな。



【送料無料】探偵はBARにいる【通常版】

【送料無料】探偵はBARにいる【通常版】
価格:3,591円(税込、送料別)

iPhone4/iPad2 iOS5.1.1 脱獄(JailBreak)覚え書き

 もう一年以上、iPhone4は入獄状態で使っていました。iPad2は、脱獄経験なし。

 理由としては忙しさと体調不良により、トラブった場合、全て自己責任で何とかしなきゃならんのが、きついことが一つ。
 あと一点については、そもそも脱獄の二大特典はSIMアンロックとテザリングではないかと僕は思うわけですが、今の私には両方、意味がありません。
 まず、海外旅行に行く予定は当分、ない。従ってアンロックは、先々はわからないが今は不要。そしてポケットWifiを使い、iPhoneもiPadもWiFiのみ(電話はのぞく)で使用している僕には、テザリングも意味がない。

 それでも、興味はあったわけです。自分の持っているハードの機能で、できることは全部試したいじゃありませんか。

 昨日ちょっと、他のことをする十分な集中力がなく、時間が無駄に過ぎていく気がして、実際難関に見えて時間のかかる脱獄行為の大半は待ち時間なわけですから、やってみよう、と。無理ならそのまま入獄して使えばいいし、で。

 今脱獄ツールはけっこうバリエーションがあります。ここでは僕の環境、ハードはiPhone4、iPad2、PCはWindows7 64bit、iOS5.1.1に対応したものは、2012/6/6現在、僕が調べた限りで、

iPhone4/iPad2 両対応

 Absinthe
 redsn0w
 cinject

 
iPhone4のみ対応(iPhone4S、iPad2、新しいiPad不可)ただしSIMアンロック可

 sn0wbreeze

 があります。

 カスタムファームを作り、DFUモードに入り、iTunesを用いて復元処理をする。という面倒がいらないはずのAbsintheですが、エラーが出てうまくいきません。iPhone4、iPadともにだめ。他もいろいろ試しましたし、ググってトラブルシューティングも参考にいろいろやってみましたが、らちがあかない。

 最終的に、iPhone4はsn0wbreezeで、iPad2はcinjectで、JailBreakに成功しました。

 自分用メモ的に手順を記しておきます。

 まず、そもそもiOS5.1から5.1.1のアップデートが、うまくいきません。Absintheやcinjectは、iTunesで正規にアップデートしたあと、用いるのです。ファームウェアはすでにダウンロードしてある状態でした。
 いくらやってもiTunesがエラーを返すので、もしやと思って、iPhone/iPad側(そちらもファームウェアダウンロードのみ終了状態)からアップデートを行ってみたら、うまくいきました。理由は不明。

 ここで一つ失敗をやらかしていまして、iOS5.0.1と5.1.0のECIDとかいういやつを保管しておくのを忘れていました。iPad2については現時点でのあらゆるダウグレードが不可です。まあ、今となってはそんなに痛いと思いません。がしかし、ここを読んで、脱獄やってみようと言う方は、全てのバージョンのECIDを保管しておたほうがいいですよ。しかも厳重に。そうすればいつでも、そのバージョンにダウングレードできます。逆に言えば、不用意にバージョンを上げると、後戻りが完全不可になるんで、要注意なのです。SHSH保存は、TinyUmbrellaというソフトで行います。

 ……いずれにせよ、複数のツールを使ってみて、結局iPhone4はsn0wbreezeでしか脱獄できませんでした。

1.sn0wbreeze起動(必ず右クリック→管理者権限で実行)
2.カスタムしたい元のIPSWファイルを選択するか、ダウンロードするか、チョイス。
3.iOS5.1.1ファームウェアiPhone4向けは、iPhone3,1_5.1.1_9B208_Restore.ipswというファイルネームで、ネットからも拾えるのだが、僕の経験則では拾ったipswを適当なフォルダに置いて開くと、あとでエラーになってしまうことが多い。
 正規のアップデータを「ダウンロードのみ」としておけば、パソコン内にiPhone3,1_5.1.1_9B208_Restore.ipswは保存される。Windows7だと、

C:\ユーザー\ユーザー名\AppData\Roaming\Apple Computer\iTunes\iPhone Software Updates

 にある。他のOSでも大同小異だから、*.ipswででも、Cドライブを検索すれば出てくるはず。

4.カスタムファームを作成する。通常、デスクトップに作られる。
5.iPhoneをPwned DFUモードにする。

※ 以前は単にDFUモードと呼んでいて、ある記事では「通常のDFUではなく」などと書いているが、入り方は以前のDFUモードと何ら変わりない。リカバリーモードと混同しているのだろう。リカバリーモードでは画面にUSBコネクタのグラフィックが表示されるが、DFUではまっ暗になる。これで成功したかどうかわかる。sn0wbreezeもDFU状態になったかを、チェックしてくれる。

 ・iPhoneの電源をオフにし、ホームボタンと電源ボタンに指をそえて、次の画面に。
 ・電源ボタンを押し3秒、電源ボタンをはなさずホームボタンを押す。
 ・10秒カウントし、電源ボタンだけをはなす。
 ・30秒待つとなっているが、実際にはもっと早く、iPhoneの画面がまっ暗で、iPhoneがUSBから認識された音がする。これでDFUモード入りには成功している。
 ・失敗しても、何度でもやりなおしできる。電源を落とすところから再開する。特にツールなどを立ち上げている必要はない。sn0wbreezeは、ガイドと、DFUになったかのチェックを行っているだけ。

6.DFUモードのiPhoneを接続した状態で、iTunesを起動すると、「リカバリーモードのiPhoneを云々」と出るので、SHIFTキーを押しながら「復元」をクリック。ここで作成したカスタムファームを選ぶ。あとは待つだけ。

 iPhone4は以上。

 iPad2ですが、Absintheはだめだったものの、その開発者向けとかテスト版みたいなcinjectで脱獄できました。

 コマンドプロンプトから動かさなきゃいけないんで、ちょっとやっかいに見えますが、実際はコマンド一発で、待つだけです。

1.Cinjectをダウンロード、解凍し、その解凍フォルダをシステムドライブ(通常C)の直下に置く。
2.コマンドプロンプト起動。Windowsキー+Rの同時押し。出てきたウィンドウに「cmd」と入力しエンターを押す。
3.フォルダ移動。 cd c:\cinject-0.5.4
 これはバージョン0.5.4の場合。コマンドプロントでは1字の入力ミスも許されないので注意。
4.cinject -Y payloads_rocky と入力しエンター。あとは待つだけ。


 iPad2は以上。

 さてまずはSBsettingを入れ、あとワンセグがiPhoneで追加ハードなしで見られるというi-keyhole TVというのを入れました。その他、良質な脱獄アプリについては、また別記事で書きます。ひとまずiPhone4、iPod2の脱獄、できてよかった。




  

パソコンでテレビ録画の罠

 今うちはリビングの家族用の大きなテレビには古いDVDレコーダーがついていて、容量もきつくわがまま言えないので、自分のパソコンにアイオーデータのチューナーボードGV-MVP/XS2をつなぎ、パソコンのHDDに録画、外付けブルーレイドライブにコピーorムーブ、という形をとってきました。

 ところがこの、GV-MVP/XS2、ハードには特に文句はないものの、付属のユーティリティが使いづらい。Magicマネージャはバージョンアップで落ちなくなってきましたが、編集&BDダビング用のCorel Direct Disc Recorderが、遅い、操作わかりにくい、機能が低い(アンドゥや途中経過のプロジェクト保存不可)、落ちる、という使えないシロモノです。

 おまけに先日、何か新しいソフトをWindows(7 64bit)に入れたら、いきなり起動不可になり、バックアップを使ってシステムドライブを復旧するハメになりました。
 ここで強調したいのは、潰れたのはシステムドライブCのみ、復旧したのもCドライブだけで、録画データを置いている外付けHDDは何のトラブルも起こしていかなったということです。しかもCドライブのバックアップは、作成後24時間も経っていないものでした。

 にも関わらず、新しい予約録画を失敗するようになり、最新十日分ほどの録画データが、表記上残りコピー回数∞となり、再生もコピーも不可能になりました。つまり永久に失われました。

 サポートに問い合わせたところでは、このような現象が起こった場合、ツールによって録画データを完全に初期化して、イチから設定し直さなければいけないそうです。

 ……ひどい。

 録りためたデータの無事なヤツを先日からBDにガンガン焼いていきましたが、Corel Direct Disc Recorderが遅い派落ちるわでひどいんで、途中で編集は後回しにし、丸ごとBDにどんどん移していく方針に変えました。

 結論として、パソコンでの録画というのは、

・ 24時間稼働でないと予約録画に対応できない。
・ 録画中、PC作業で致命的なエラーが出ると録画に失敗する。
・ システムドライブが損傷すると、最悪、録画データが全て失われる。

 ということ等から、メインとしては使えない、ということかと思います。本来編集ソフトの使い勝手が良ければ、BDレコーダーのリモコンなんかでやるより、マウス操作のPCの方がいいし、おまかせ録画なんかもやりやすいんですけどね。

 ちゅうわけで、思い切ってBDレコーダー、買いました。DVDの機能も持っている商品としてはこれが最安じゃないかと。SONY製なのに。おまかせ録画もついています。

プロフィール

Y.S.

Author:Y.S.
ネットを中心として活動する文章屋です。最近はiPhoneにはまってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
AD
AD

月別アーカイブ
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

AD

AD
タグ

iPad iPhone 電子書籍 Kinoppy Android 映画 大泉洋 こんにゃくゼリー Annular YouTube eclipse パソコン iPhoneJailBreak 脱獄 BDZ-AT350S GV-MVP/XS2 動画 キャプチャボード iOS5.1.1 レイアウト 時事問題 ニュース 社会問題 小説 箱庭の虹 性同一性障害 同性婚 縦書き ミステリ 一太郎 ダウンロード EPUB3 金環日食 ハードボイルド 修理 "ULTRA WiFi" 中古 ホームボタン エヴァンゲリオン iPhone5 ジャンゴ タランティーノ テキストエディタ jota 加藤コミッショナー 統一球 レビュー プロ野球 ヱヴァンゲリヲン 生活保護 著作権保護 動画編集 コピーガード Blu-ray 地デジ ブルーレイ アプリ ダウンロード販売 TPP 消費税 自衛隊 教育 同人誌 選挙 iTextPad