FC2ブログ
文章屋Y.S.のよしなしごと日記、音楽映画書評など

当然の判決 子どもが死んだのは親の責任

こんにゃくゼリー男児死亡訴訟、両親の控訴棄却
(読売新聞 - 05月25日 13:23)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120525-OYT1T00573.htm

子どもを失って、やり場のない悲しみにとらわれる気持ちはわかるが、もう裁判を起こした時点で間違っている。誰かが止めなきゃ。

警告表示を待つまでもなく、こんにゃくなんだからどの程度固くてどの程度喉に詰まりやすいかくらいはわかる。幼い子なら細かく切って食べさせるべきだし、ほったらかして食べさせてもいけないし、まして警告表示があったんだから、こんな変わった食べ物、わざわざ食べさせる必要がない。

だいたい、こんにゃくゼリーがダメなら、日本の伝統食の餅なんか完全アウトだよ。大人でも危ない。毎年けっこうお年寄りや子どもが死んでる。でも誰か、あれに文句つけた人、いる? いたら多くの日本人が「ふざけんな」って言うと思う。

企業活動にだって、多くの人間の生活や命がかかっている。こんな裁判にかかずりあって、業績がマイナスになって、リストラされる社員が出たら、この両親はどう責任取るの? まして会社潰れたら?

この両親には、残念ながら同情の余地がない。冷静になってよく反省して、まともに我が子の死に向かい合うのが供養というものだ。

追記:
この手の問題を論じる時、「海外の多くの国では販売自体禁止」とか掲げる人がいるんだけど、日本より海外が正しいっていう根拠は何もないからね。捕鯨国より反捕鯨国の方が多いように。あと訴訟大国のアメリカは、もっと当てにならない。
スポンサーサイト



金環日食を撮影、動画をYouTubeにアップしました

 5/21、6時過ぎには起きて、日蝕の観察を開始しました。

 僕の手持ちの日食グラスは、一つ160円という素晴らしい一品です(笑) 家族の分を合わせ三つ購入していました。
 前日曇天の太陽を見て、また屋内で蛍光灯に向かったりして、「大丈夫」な品であることは確認済み。

 加えて、当初予定になかった撮影を行うこととし、静止画用にiPhone4、ビデオカメラは、古いですがハイビジョンの、SONY HDR-SR7です。これに日食グラスの片目分を犠牲にし、レンズにかぶせてセロテープで貼って、撮影に挑みました。

 スタート時点ではけっこう曇っていました。でも肉眼でもカメラでも、少し曇っているくらいの方が太陽の輪郭はきれいに見える感じがしました。

 iPhoneは全くだめです。フィルターで陽光を遮るとシャッタースピードが遅くなり、ブレるというより、流れて写ってしまいます。ビデオカメラは三脚で固定ですが、こちらもどうも明るすぎて光がぶわーっと拡がって、どうもよくありません。

 電線が邪魔だったので撮影スポットを二階物干しに移し、思いつきで、これは日食自体の観察には使えなかった(光が全く透過しない)、黒い下敷きを使い、バイザー感覚で上からの光を遮ってみました。

 これがなかなか、妙案でした。

 肝心要の金環食完成前後は、けっこうきれいに撮れたので、まずその前後3分ほど(つまり7:30前後)をYouTubeにアップしました。

金環日食 京都府京都市(Annular eclipse)5/21/2012 3min in Kyoto,Japan

後日、というか早い内に、もっと長い(全体で二時間半くらいあります)やつをアップしようと思います。この三分はそのまま、前後はもう少し切って、さらに倍速にでもしようかなと。

 余談ながら動画をPCに取り込んで編集するまでに、大変な精力と時間を要しました。

 カメラが古く、ドライバはWindows2000とか書いてある。しかしまずはドライバソフトを入れないと、そのバージョンアップもできないしカメラも認識できない。

 で、無理矢理古いドライバを一時的にも、と入れて再起動したら、windowsがクラッシュしました。うちはWindows7 64bitです。スタートアップ修復もシステムの回復も成功せず、Cドライブのバックアップから回復させるはめに。
 運良く当日深夜0時のデータが残っていましたんで、失ったデータはほとんどないのですが、時間とエネルギーが……。

 リカバリ後は、「ドライバCDをなくした場合云々」というSONYのサポートページから、最新のドライバソフトを導入しました。

 しかし、m2tsを直接編集できるソフトというのがまた、なかなか見つからず……。

 結局、K-lite Codec packを導入後、MSの無料(!)ソフトの、Windows Live ムービーメーカーで、これができることがわかり……という流れ。最低限、トリミング、分割、結合、サウンドのミュートあたりは必要だったわけですが、これでいけました。

新・新iPadへの期待

 電子書籍を自作している。また、ダウンロード販売などで買うことがある。

 Kinoppyの存在を知ってから、iPad(僕のはiPad2)は、電子書籍リーダーとしての存在価値をうんと増すことになった。iPhoneもだけどね。

 で、今の新iPad(つまり第三世代iPad)だけど、「電子書籍リーダー」としての僕の期待に応えるものではなかった。Retinaディスプレイは素晴らしい。あの大きさでフルHDを超える画素数を実現しているのだ。新たな驚きを与えてくれると言っていいほどの素晴らしさだ。iPadの解像度でも電子書籍を読むのにほぼ問題ないが、iPhone4と並べれば表示の滑らかさの差は歴然で、10インチであっても、ルビ表示にもう一押しの解像度が欲しくなる。新iPadは文句のつけようがない。

 しかしその他の部分は、電子書籍リーダーとしては意味がないか、むしろマイナスの部分もある。分厚さは気になるほどの増加ではないが、今のiPadでも「電車で読書」には重い。それがさらに重くなっている。そしてバッテリーの持ちは同じだ。Siriも魅力的だが、取りあえず電子書籍リーダーとしては関係ない。

 Retinaの解像度があれば、もっと小型で軽い方が、電子書籍リーダーとしてはいい。

 例えば7インチのRetinaディスプレイを持ったiPad。それでもiPad2より画素数は大きくなる。文庫本や新書本くらいの画面サイズが、電子書籍を読むのには向いている。小さくなれば軽く、バッテリーの持ちもよくなる。ついでに安くなるかもしれない。
 実はiPhoneでも、文字のみの電子書籍を読むのには十分なのだ(Retinaの解像度であれば)。しかし挿絵つき、あるいはコミックとなれば、もちろん物足りない。7インチくらいほしい。言い方を変えればそのくらいのサイズがあれば、紙媒体の何ら遜色ない代替品になる。しかもフルカラー、しかも何冊でも持ち歩け、出先でポチッと購入して、すぐ読める。

 そんな欲望が高まって、僕は今日Androidをリサーチするのに近所のドコモショップ、AUショップ、ソフトバンクショップを回った。

 AUはお話にならず、候補に挙げられるほどのタブレットのバリエーションを持っていなかった。

 ドコモにはいいのが二機種ほどあった。7インチタブレット。日本のiPadやiPhoneでできないテザリング機能や、おサイフケータイ機能(実はガラケーからiPhoneに移行した時、これを失うのが痛かった)、ワンセグ機能などもあるようだ。

 現行のものに加え、夏の新モデルにもあるのだが、5インチというワイド液晶を持った「スマートフォン」もいい。仮に10インチタブレットにおサイフケータイ機能があっても、なかなか実用的ではないが、5インチスマートフォンなら、使いやすい。

 いずれにしてもデータ通信は今のところ、ポケットWifiで行う。Androidの新機種のいずれを買おうと、二年縛りで月々2500円ほどの負担にとどまる。もちろんこの場合テザリングには意味がないわけだけど、「いざとなれば、そういう機能もある」ということで。

 ソフトバンクの夏モデルの発表は月末くらいだ。もちろんそれを待つ。AUには期待できまい。

 あと、「小さなiPad」については、噂はある。それから、二年縛りがあと半年を切ったiPhone4だが、次世代iPhoneはディスプレイサイズがでかくなるという噂がある。Mini iPadに比べ、そこそこ信憑性の高い噂だ。これが5インチあるなら……もちろんiPhone5だ。

 余談だが日食のこともあってiPadのカメラの性能を調べた。iPhone4(Sではない)の方が、iPad2より格段に上、というより、iPad2の静止画の撮影機能はほとんど旧世代の、申しわけ程度のものに過ぎないと知って驚いた。

 実は新しいiPadでは、この点が劇的に改善されている。目立たないが、一気に二段ジャンプしたくらいの進歩で、動画はフルHD、静止画は5メガピクセルで、解像度以上に、かなりいいスペックになっている(実は300くらいから上では、画素数が大きければカメラの性能が高いというものではない。1000万画素なんて何の意味もない。明るさとか、オートフォーカスとか、色表現性とか、もっと大事なことがいっぱいある)。

 ビデオチャットや、後日記事にするがMLBネット中継のHD画質、カメラの性能アップに、Retinaディスプレイ。

 これらを見ると、そもそも「タブレット端末」という新しいデバイスジャンルを切り拓いたiPadは、「全部入り」の高機能路線を走るつもりのようだ。電子書籍リーダーなら、電子ペーパーのデバイスだってあるし、というところ。

 でも売れてるんだし、そろそろバリエーション、増やしてくれてもいいんじゃないかな? 7インチくらいの、「小さなiPad」出ないかなあ。
プロフィール

Y.S.

Author:Y.S.
ネットを中心として活動する文章屋です。最近はiPhoneにはまってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
AD
AD

月別アーカイブ
ブログ内検索
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

AD

AD
タグ

iPad iPhone 電子書籍 Kinoppy Android 映画 大泉洋 こんにゃくゼリー Annular YouTube eclipse パソコン iPhoneJailBreak 脱獄 BDZ-AT350S GV-MVP/XS2 動画 キャプチャボード iOS5.1.1 レイアウト 時事問題 ニュース 社会問題 小説 箱庭の虹 性同一性障害 同性婚 縦書き ミステリ 一太郎 ダウンロード EPUB3 金環日食 ハードボイルド 修理 "ULTRA WiFi" 中古 ホームボタン エヴァンゲリオン iPhone5 ジャンゴ タランティーノ テキストエディタ jota 加藤コミッショナー 統一球 レビュー プロ野球 ヱヴァンゲリヲン 生活保護 著作権保護 動画編集 コピーガード Blu-ray 地デジ ブルーレイ アプリ ダウンロード販売 TPP 消費税 自衛隊 教育 同人誌 選挙 iTextPad