FC2ブログ
文章屋Y.S.のよしなしごと日記、音楽映画書評など

iPhone:トラブル発生中

 どういうわけか脱獄直後は使えていたSB Settingが動作しないので、再度redsn0wで脱獄しなおした。

 んで、Icyという新しいインストーラを入れるオプションがあったので、入れたらCydiaがクラッシュしたっぽい。

 CydiaによるとIcyのバグなので、現状ではIcyのインストールを遅らせるのが最善の策だとのこと。

追記
スポンサーサイト



タランティーノ最新作 Inglourious Basterds(イングローリアス・バスターズ)

超楽しみ! 日本公開は10月らしい。
公式サイト
http://www.inglouriousbasterds-movie.com/

なお、バスタード(私生児、やっかいもの)の正しいスペルはbastardだが、たぶんわざと変えてきている。

過去、同タイトルで、邦題「地獄のバスターズ」というのがあった。

この映画はそれを下地にしているのだが、あらすじを聞くと相当膨らませてあるようで、based onであってリメイクでないという意味から、スペルを変えてるのではないだろうか。

主役は好きなブラッド・ピットだし、予告編見てもカッコよすぎる。ほんと楽しみ。

ただ、二本に分けるのは勘弁してほしい。そんな話もチラ見したが大丈夫なんだろうか。

トレーラー

iPhone OS3.0のJailBreak

 あんまり焦ってやると問題が出やすいので、様子を見ていましたがもういいでしょう。

 といいつつも、過去の記事にある内容を検索してもらえば、そんなに難しいことも新しいこともありません。

・ ただし、使うソフトが違います(QuickPwn→Redsn0w)。
・ また、最新の3GSはまだ脱獄できないようです(少なくともWindowsでは)
・ Redsn0wも、OSのバージョンアップはできません。先にiTunesで通常のバージョンアップを行い(脱獄がらみのファイルは確実にバックアップしておきます)、それをアンロックします。

 redsn0wは、QuickPwnの互換ソフトです。ややGUIが地味ですが、使い方は同じです。
ダウンロードはこちら → http://redsn0w.com/

 最新のOSアップデートファイルはiTunesでiPhoneのアップデートではなくアップデートファイルのダウンロードのみ行えば、入手できます。過去ログを参照して自分のパソコンでの保存場所をチェックして下さい。見つからない場合、

iPhone1,2_3.0_7A341_Restore.ipsw download

 などでググれば出てきます。これは今後もずっと同じことです。

 Redsn0wが最初に3.0ファームウェアの位置を聞いてきますから、正規の保存位置か、ダウンロードしたファイルの位置をセットします。

 あとは、電源ボタンとホームボタンに指を添え、DFUモードに入る準備をし、

 ステップバイステップでDFUモードに入り(画面上でボタンを押す時間をカウントダウンしてくれます)、

 その後は、待つだけです。

 DFUモードの詳細については、繰り返し過ぎなのでもう書きません。本ブログを「QuickPwn」なんかで検索してください。


追伸

iPhoneアプリ: i文庫

 古い本なんか別にiPhoneで読まなくても、紙でよいじゃないか、とか思っていたので、これまで電子書籍リーダーみたいなのは入れてませんでした。青空文庫リーダーはどれも有料、っちゅうのもありましたしね。

 でも、i文庫のレビューを見ていると「文庫本のテイストにこだわったデザイン」とか、「素晴らしいアプリをありがとう」みたいな、本好きの人の激賞に近いコメントが多々見られました。450円だし、モノは試し。

 感動しましたね。電子書籍とiPhoneは相性がいいようです。画面がほどよく(「携帯電話」としては)大きく、フリックなどタッチパネル操作が本のページめくりのフィーリングを感じさせてくれる。
 i文庫のデフォルトデザインは、「きなり」の地に黒の明朝体の文字です。まさに文庫本のフィーリング。思いの外文字は小さすぎず読みやすく。デフォルトでほとんど不満はありません。
 フリックによるページめくり(設定でタップにも変えられます)の他、ピンチによる画面拡大や、ドラッグによるスクロール、横画面にも対応。

 その他、画面カラーやフォントサイズ、フォントの種類など、かなり詳細多岐なカスタマイズが可能です。前述の通り、個人的にはデフォルトで何の不満もありませんが……。

 オフラインでも相当な書籍が入っている他、数千に及ぶ青空文庫のライブラリから本をダウンロードできます。歴史的価値はあっても、今では(たぶん)評価の低い葛西善蔵や田山花袋の本を、これまで、金を出すのはなあと思って読んでなかったですが、思わず読んでしまいました。

 文庫本というか、図書館が手のひらに、って感覚ですね。本当に素晴らしい。

 また、自前のテキストファイルや、青空形式のテキストを読み込んで縦書きの文庫本スタイルで読めます。
 僕は自分の小説の概稿をアップして試してみましたが、PCの画面でテキストエディタ(横書き)で確認するよりわかりやすかったです。この機能もかなりいいですね。

 ちなみに、FTPの意味がわかっている人なら、簡単に文書はアップできます。iPhoneのIPアドレスをFTPソフトのホストに設定して、アノニマスで接続、文書をアップするだけです。i文庫のshare folder→FTPをタップすれば、説明つきのサーバー画面が開きます。簡単です。あと、よくある海外のテキストビュアーみたいに、Shift-Jisだとファイル名や中身が文字化けするとかいうこともありません。

 ちょっと不満があるとすれば、読書中にタップで出てくるメニュー画面かな。ボタンの機能と位置の配り方が、何か直観的にわかりづらい気がします。あとはほんとに、何の不満もない良アプリですね。有料なので他と比較してませんが、これでいいんじゃないですかねえ。

青空文庫に思うこと

 iPhoneに青空文庫リーダーであるi文庫をダウンロードし、その素晴らしさに即レビューを書こうと思っていたのだが、積年、思い続けてきたこの企画への不満が、またぞろこみあげてきたのでそのことを先に書きたい。

 青空文庫は、著作権切れの(日本語)書物を、順次電子化する企画である。

 その際、ペースとして採用されたのは「テキスト形式(.txt)」で、ルビや傍点などは独自の拡張文法や注釈で対応する。広汎な環境で再生、読書できることを、第一義としたからこそ、こうなったと思われる。

 問題は、この先である。

 筆者は、モノ書きを趣味にしており、電子書籍や同人誌の範囲では、多少のお金ももらっている。
 
 その電子書籍だが…… 

 AU携帯の電子書籍はシャープの独自形式になっていて、こちらが提出するのは独自の拡張をほどこした「HTML」ファイル。できあがったファイルについてはブラックボックスである。
 パソコンで、印刷物として出した本を電子化、ダウンロード販売する際は、「PDF」を用いるのがスタンダードだ。たまにワードファイルの人もいるが、なぜか小説なのにレポート用紙に横書きしたようなのになっている。意味がわからない。

 筆者は、縦書きやルビにこだわった上で、軽い書式が欲しい。PDFはきれいだが重い。融通もきかない(画面ごと固定)。フットワークも表示も軽い書式が欲しい。

 青空文庫形式は、それに応えてくれそうな気がしたが、これが……。

 青空文庫の公式サイトは、読む人には親切だが、作り手へのフォローが手薄で、新たなボランティアを集結しようという意気が感じられない。とてもクローズドである。

 現状で、「古い日本語の本を電子媒体で読む」システムとして、青空文庫はかなり普及したと言える。

 しかし、フリーの電子書籍の形式としては、そうなっていない。

 あの工作員マニュアルの読みづらさ。お前らほんとに読書好きなのか? と言いたくなる。

 iPhoneのi文庫がとても素晴らしいので、これで自分の本も読めるようにしたいとあらためて思い、ルビの書式から、挿絵の挿入法まで調べるのに、一時間以上かかった。公式サイトだけではこのハードルをクリアできない。ググりまくり。
 そしてルビは大丈夫だが、挿絵はいまだ、実験してみないとうまくいく自信がない。

 繰り返すが、この企画何年やってるんだ? 何でこんなにクローズドなんだ? 著作権延長への反対運動も、応援する気力が出ない。文庫になってる本は紙でも読めるではないか。新しい作品こそ、青空文庫ビュワーで軽快に、縦書きで、ルビ有りで、タダか安くで、読みたい、出したい。

 文句は言ったが一応調べたので、旧作一作をテストケースで青空文庫書式にしてみたいと思っている。どれくらいのニーズがあるかわからないけどワードよりはいいよ、うん、絶対。いけそうだったらPDF以外にくっつけて売る。iPhoneやその他携帯デバイスで自分の本を楽しんでもらいたいと思う。

今iPhoneに入ってるゲーム3

続きです。

サクッと麻雀 ★★★★☆ 四人打ち(一人プレイ)麻雀。今のところライバルなし。片手、親指一本で全ての操作ができるのが◎。コンピュータはちょいガードが甘く鳴きすぎかも。今一番ハマッてます。
柿木将棋 ★★★
Guiter ★★★ 音ゲーです。
AeroDr.free ★★★ 同じく音ゲー。ドラムです。
Solebon ★★★★★ フリー版もありますが、これは有料版を買って損ないです。20種以上(オリジナルあり)のソリテアが楽しめます。
BugHunt ★★ ギャラクシアンライクなシューティングですが、ゲーム性がイマイチかも……
MotoChaser ★★ バイクレースです。けっこうキレイですがゲームは大味です。

 こんな紹介の仕方なら、今後も気楽にやれそうです。酷評気味の★が少ないやつも、「無料~100円くらいならインストールしてみる価値はあるよね」くらいのレベルのものだけ紹介していますので、どんどん試してみましょうね。

[CM]メタボ 薄毛 加齢臭 あなたのお悩み解決館

プロフィール

Y.S.

Author:Y.S.
ネットを中心として活動する文章屋です。最近はiPhoneにはまってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
AD
AD

月別アーカイブ
ブログ内検索
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

AD

AD
タグ

iPad iPhone 電子書籍 Kinoppy Android 映画 大泉洋 こんにゃくゼリー Annular YouTube eclipse パソコン iPhoneJailBreak 脱獄 BDZ-AT350S GV-MVP/XS2 動画 キャプチャボード iOS5.1.1 レイアウト 時事問題 ニュース 社会問題 小説 箱庭の虹 性同一性障害 同性婚 縦書き ミステリ 一太郎 ダウンロード EPUB3 金環日食 ハードボイルド 修理 "ULTRA WiFi" 中古 ホームボタン エヴァンゲリオン iPhone5 ジャンゴ タランティーノ テキストエディタ jota 加藤コミッショナー 統一球 レビュー プロ野球 ヱヴァンゲリヲン 生活保護 著作権保護 動画編集 コピーガード Blu-ray 地デジ ブルーレイ アプリ ダウンロード販売 TPP 消費税 自衛隊 教育 同人誌 選挙 iTextPad