FC2ブログ
文章屋Y.S.のよしなしごと日記、音楽映画書評など

Archives

Do not edit this page
スポンサーサイト



iPhone:フリーのWifiアクセスポイントをキャッチ、自動接続するアプリ

WiFinder
wifitrak
wififorfum

 僕が確認しただけで、この三つがAppストアにあるが、おおむねできることは同じ。
 街中でWifiスポットセキュリティのあるなしに関わらずiPhone本体のデフォルトより高感度キャッチし、フリーのスポットにはオートもしくはワンタッチで接続できる。

 以前も書いたが、市街地には驚くほどWifiの電波が飛び交っていて、思わぬところでフリーのスポットに接続できることも少なくない。僕が試したのはWiFinderだが、ユーザー評価ではwifitrakがもっとも評判がよい。どれでも構わないがぜひ入れておきたいアプリである。
 Wifi接続は高速、フリースポットもしくはBBモバイルポイントなら無料。これはiPhoneの大きなアドバンテージだ。一見割高であるiPhoneの料金も、こいつのおかげでむしろ節約できるのである。

 余談だが、wifitrakのユーザー評価で、セキュリティのあるAPに接続できないなんて詐欺だ、料金返せと★一つつけているようなバカな人がいて、しかも一人ではない。
 「セキュリティのある接続」というのはすなわち「権限のない人は接続、傍受できない」ということを意味する。これに勝手に接続できるとすればそのセキュリティは破綻している。またセキュリティのあるAPに勝手に接続できるようなアプリはもし存在すればハッキングツールであって、正規AppストアでDLできるはずがない。
 自らの愚かしさを大声でアピールする上、ちゃんとしたアプリに対していわれなき中傷となるようなコメントを自分でググるとかしっかり確かめもせずよく書き込めるものだと思うし、一応検閲してからコメントをのっけてるらしいのに、あんなのを載せるのがまったく解せない。僕のまっとうなNaviTimeや1password批判が蹴られたことがあるというのに、どういう基準で動いてるんだろうか。

iPhone:利用料金を節約してみる

 発売から二ヶ月ほどは、iPhoneの「パケット定額フル」(加入必須)は頭から上限料金だったが、今は他のキャリアと同じ二段階式(1029~5985円)になっている。
 ホワイトプランで一切通話しないとして、月額料金は9000円弱。毎月これだけ確実にかかるというのは、ビンボー人にはちょっと痛い。

 それで、二ヶ月ほど節約作戦に出た。
 もっとも、インターネットを使わないのなら、iPhoneを持っている意味がない。そこで、出先のマクドナルドや、無料無線LAN電波を探し、ネットにはそこで接続、3Gは必要な時以外切ってしまうという手に出たわけである。

 メールは、JailBreakしていれば、BossPrefsで個々に使用不使用を切り替えられる。3Gは脱獄していなくても切れるはずだ。
 そこで、softbank(i)メール以外、PCのGmailの受信も、Wifi圏以外では切ってしまう。

 もともと僕は通話は短い待ち合わせ連絡とかでしか使わない。Wifi圏から知人友人にかけるならfringを使う(大事な電話はディレイと音質の問題からfringの使用はやや敬遠される)。これだと通話料もかからない。

 で、Wifi電波だが、今月から特に契約なしで、マクドナルドやドトールに入っているBBモバイルポイントはiPhoneユーザーは無料である。僕はワイヤレスゲートヨドバシカメラ特別プランとかいうやつに入っていて、月額380円でBBモバイルポイント、livedoor Wireless、成田エアポートネットが使えるのだが、海外出張や旅行が多い人以外は、BBモバイルポイント一手で間に合うと思われる。
 また実は、その他にも無料の無線LAN電波は、意外とあちこちに飛んでいる。大きな駅の付近だと、無料の電波が拾える場所が必ずあると言っていい。WiFinderなどのアプリを使うと、iPhone自体の自動探査よりも高い精度でWifiAPを見つけてくれる(このアプリを含むWifiAP探査アプリについては、別に記事を起こす予定)。

 このようにして、パケット通信を目一杯節約。僕の11月の請求金額は3800円あまりである。

 どこでもネットがiPhoneの魅力だから、いつもこうだとちょっとわびしいが、「今月は辛抱しよう」と決めれば、月5000円ほど節約できるわけである。
 一方、ひとたび3GでのWeb閲覧をしようものなら、一発で2000円3000円のパケット料金がかかる。Gmailのみでも意外と重い。なので、出先で必要があって一度使ったら、開き直ってその月は使いまくるパターンがいいんじゃないかと思う。

 Wifiを利用したパケット料金節約は、従来型の国産3キャリアにはまねのできないものだ。しかもWifiのネット通信はすこぶる高速・快適である。無線LANは、新幹線でも順次利用可能になると聞いている。今後、WifiAPがアメリカ並みに整備されてきて、端末の高性能化が進んだ暁には、日本の携帯独自インターネット網も「本当のインターネット」に統合されていくのかもしれない。

エコノミークライシスは続く

 自動車大手三社の救済案、かつての日本の大銀行救済案の比ではなくひどいと思っていた。これが上院で廃案にされたことは、むしろまだアメリカでは先に目の効く人間がいくらか権力者の中に残っていることを示している。
 ここらの企業が倒れれば米経済はますます混乱し大量の失業者が出ることは確かだが、救済に必要な金も税金なのだ。あとで戻って来る金ならいざ知らず、結局は消える金である。大きなだけでほとんど先の見通しのない企業に、「その金で何ができたか」と問えば気の遠くなるほどの金をつぎ込むほどの体力はさすがに米国政府にもない。飢餓の国に食べ物をいくらばらまいても無駄で、開墾などの事業にエネルギーと金を注いだ方がよいのと同じだ。……日本の一時なんとか金も、たぶん経済には何の効果もないだろう。

 ただ目先にはこの米上院決定を機に為替がまたぞろ大混乱を起こしている。

 わずか10万ほどだが金利目当てで持っていた積み立て定期NZDの価値は六割ぐらいになってしまった。半年に満たない期間でである。今48円。米ドルは90円を切った。もう誰もどうなるかわからない。売るも買うも、投資に関しては小さく丸まって動かない人(企業)がたぶん生き残るのだろう。

 世界大恐慌以来のなんとかってニュースを鼻で笑ってた僕だが、どうやらヤバい。日本ぐらいの経済規模になると国外との関係抜きにはもう成立しない。こんなに混乱していたら一ヶ月先の見通しも立たないだろう。一万円で売るつもりで作っていたものができあがったら五千円になっている。これに対して個人や一企業ではもはやなすすべはない。

Nokiaの日本市場撤退

 このことについて、やたらとGmail連動で出てくる記事には「日本の携帯メーカーが標準化をつきつけられた形で、(国内市場が冷え込む中)泣き面に蜂」というようなヘッドラインがついている。

 お笑い種である。記事は素人でなく専門家に書かせろ。
 Nokiaが日本市場を撤退したのは、日本の市場を読み、日本の市場に合ったキャリアを、提供できなかったからだ。日本のキャリアメーカーが世界市場でNokiaという巨人に勝てなかったのと同じ理屈である。
 一概に言えない、とは思うが、国内のいくつかのメーカーの方が、様々な意味で技術力においてNokiaに勝る。Nokiaは何より先駆者であったこと、営業戦略、市場分析において優れていたからこそ世界市場の4割をとっているのであって、新興IT立国フィンランドの技術力は、日本をそう大きく凌いでいるということはない。

 国産携帯産業が、通信方式などにおいて独自の路線を進んだため、Nokiaに敗れた時点で日本市場は世界の孤児となった。日本向けに作ったハードは世界市場に流用できなかった。

 しかし現在は、実はもう着々と標準化は進んでいる。元々がボーダフォンだったソフトバンクの携帯はすでに通信方式において標準化されているし、AUもドコモも、次の世代においてはその部分(通信方式)では標準化の波に乗らざるを得ない。

 Nokiaの撤退はこうした大きな技術的標準化とは無関係だ。外形デザインやワンセグ、おサイフケータイだとかオールインワンの携帯端末として、「おしゃべりとSMS」でしか携帯を使わない大部分の海外市場とは全く違った展開をみせる日本市場に合ったキャリアを、予算を傾注していた時点でも供給できず、1%のシェアもとれていなかった日本市場に、これ以上技術と金を投入できないという敗北宣言だ。

 世界経済は冷え込み、日本の市場もしかり、携帯市場は飽和気味。今回の急激な動きはたぶん、サブプライム以降の経済危機への必死の対応の一環なのだろう。

 日本の市場は冷え込んで、確かに携帯会社は今確かに「泣きっ面」だが、0.3%だかのシェアしか取れていなかったハードメーカーが撤退したところで、蜂でも蚊でもない。世界の巨人も、日本では小蠅にしかなれなかったのである。Googleだってアメリカでは帝王だが、日本では官僚クラス、韓国や中国では木っ端役人に過ぎず、消えても誰も困らない。

 日本の携帯市場が将来有望で健全であるかは確かに疑問だが、全世界での成功者に見限られてますます絶望、みたいな見方は、全くの的外れである。

iPhone:ID,Password自動入力、一元管理 アプリ1Password

 Web閲覧の際、ID,Passwordの入力の機会ってのはかなり多いものです。アカウントを作って利用するサービスの全てがそうだと言っても過言ではないでしょう。
 で、自分で決めたアルファベットIDと4桁のPINくらいなら手入力でいいんですよ。その方が安全性高いですし。
 ところがサービスによっては、IDはともかくパスワードが無意味綴りでとても覚えられないものも多い。だいたい入力が面倒くさい。

 PCでFireFoxなんかを使っていますと、一度入力したID,Passwordは覚えてくれています。これはこれで危険なのですが、個人のPCで金銭の関わらないサービスなら、そう問題ないでしょう。
 以前使っていたAUですと、「定型文登録」機能があり、これにIDパスワードを登録しておいて「コピペ」すればよかったんですね。ネットバンキングなんかの4桁のPINあたりを登録したりしなければ、まあ安全上も問題ないはずでした。

 ところが、iPhoneにはコピペの機能はありません。そういうアプリは出ていても、safariでコピペはできない。定型文登録機能もありません。

 そこで、パスワードやIDを事前に登録しておいて、自動入力するアプリがいくつか出ています。
 その中で今回紹介する1Passwordは、決定版といえる機能を持ったアプリです。

 事前にログインのためのURL、ID、Passwordなどを登録しておき、アプリを起動、アプリログイン用の4桁のPINを入力し、ログインしたいURLを呼び出すと、このアプリに包含されたブラウザが起動し、自動的にフォームにID,Passwordが入力されます(そのままログインできてしまう場合と、ログインボタンは自分で押すケースがあるんですがこの差はサイトの方の問題でしょうか)。
 パスワードだけでログインできたり、フィールドが三つあるケースもありますが、フィールドはカスタマイズできます。

 おそろしく便利です。

 なのに今までこのアプリを紹介しなかった理由は三つ。

1 MacでしかパソコンとSyncできない
2 Basic認証などありふれた「ポップアップ型」の入力に対応できない
3 独自のブラウザがすぐ落ちる

 ですが、2と3が改善されました。ほぼどんなサイトでもオートログインないし自動入力できます。ブラウザは横画面ローテーションにも対応し堅くなっています。

 でも、1はほんとは痛い。iPhone上で手入力で登録作業するのも面倒ですが、バックアップできないですからね……。
 うちは「Windows、ソフトバンクiPhone3G」を中心に扱うブログ、サイトですんで、これまで様子みていました。

 でも現状これ以上のアプリはないです。出先でのブラウジングで、iPhoneのみで事足りるケースがこれまで以上に増えますね。オススメです。

【送料無料】■セール特典付!(3G)■PDAIR レザーケース for iPhone 3G 縦開きタイプ(PALCIPOHN3F)

iPhone:日本語入力のTips



 さて、今回のOSアップデートで絵文字に対応したiPhone。Softbank(i)メールの時だけ、地球マークを押していくとこの絵文字画面が出ます。
っとその前に設定変更が必要です。設定→一般→言語環境 で日本語に設定されているはずなのでキーボード→日本語→絵文字ON です。

 で、それはまあ僕はどっちみち使わないんですがせっかくの新機能なので紹介。ちなみに現時点ではSoftbank同士のみで使えるようですが、auとドコモとの相互絵文字変換は、時間の問題でしょう。Softbankの他の携帯ではできてると思いますし。

 今日の本題はここからです。

 みなさん、iPhoneの日本語入力では、どのモードを使っておられるでしょうか。
僕はフルキーボードでローマ字打ちをしていました。携帯テンキー型より、普段PCを使う機会の多い僕には、馴染みやすかったので。

 で、このソフトウェアキーボード、微妙に小さいです。最初はかなり厳しいと思いました。慣れるとそれなりに使えますが、やっぱりうっかり横のキーを押してしまうこともあります。
 で、メール用には

 BigKeyMail
 Firemail

 っていうような、横画面で大きなキーボードで打てるアプリが登場しています。でも、メールを打って、あとでメーラーを呼び出す形で、ソフトウェアキーボードそのものを拡張するわけではありませんので、メール以外では使えません。

 実は、テンキー入力の方に、けっこう便利な入力方法が用意されているんですよ。マニュアルレスで使ってると、まず気づきません。



 テンキーモードで「あかさたな……」のいずれかを長押し(っても一秒以下です)しますと、四方にその行の候補が出ます。指をスライドし、入力したい文字上でリリースすれば、入力。どの方向にどの字が出るか覚えていれば、キーの文字からその方向にフリック(しゃっとはじく)するだけです(右画像)。フリック入力はかなり速い。普通の携帯で数回キーを押して文字を呼び出すより理屈の上では速いはずです。キーも十分な大きさなのでストレスがありません。

 日本語入力に問題あり、はアンチiPhone派の口を揃えて言うところですが、こういう便利な機能は、広く知ってもらいたいと思いますね。
[PR]
登録無料?ネットで
稼ぐノウハウ公開中



プロフィール

Y.S.

Author:Y.S.
ネットを中心として活動する文章屋です。最近はiPhoneにはまってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
AD
AD

月別アーカイブ
ブログ内検索
カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

AD

AD
タグ

iPad iPhone 電子書籍 Kinoppy Android 映画 大泉洋 こんにゃくゼリー Annular YouTube eclipse パソコン iPhoneJailBreak 脱獄 BDZ-AT350S GV-MVP/XS2 動画 キャプチャボード iOS5.1.1 レイアウト 時事問題 ニュース 社会問題 小説 箱庭の虹 性同一性障害 同性婚 縦書き ミステリ 一太郎 ダウンロード EPUB3 金環日食 ハードボイルド 修理 "ULTRA WiFi" 中古 ホームボタン エヴァンゲリオン iPhone5 ジャンゴ タランティーノ テキストエディタ jota 加藤コミッショナー 統一球 レビュー プロ野球 ヱヴァンゲリヲン 生活保護 著作権保護 動画編集 コピーガード Blu-ray 地デジ ブルーレイ アプリ ダウンロード販売 TPP 消費税 自衛隊 教育 同人誌 選挙 iTextPad