FC2ブログ
文章屋Y.S.のよしなしごと日記、音楽映画書評など

iPhone:ルート探索を実現したGoogleMap

 さて、ようやくルート探索を実現したGoogleMapだが、どうやら技術やデータはapple、というかGoogleのものらしい。ナビタイムなどのロゴは特に出てこなかったはず。

 自宅にいると電波がうまく拾えなくて現在値測位が使えないので、とりあえず出発地と目的地を入力



 ルートが検索される。上の、車、乗り物、歩きアイコンから、目的のものをチョイスする。距離が遠すぎるせいか、もしかすると路上で現在値測位してでないと、徒歩は選べないっぽい。



 ここからがgoogleらしい。左が交通機関、右が車の場合。ポイントポイント(鉄道であれば乗り換え駅、車は曲がり角)で、地図がページ切り替えになり、次々にめくっていくことで、ルート確認が事前、もしくは随時にできる。
 音声案内の機能はない。リアルタイムルート探索(随時現在値測位し、地図を描き換え場合によってはルートを切り替える)はできない。



 Googleストリートビューに対応。ピンドロップされた位置が、サービスに対応していればバルーンの左に赤い人アイコンが出るので、それをタップするとストリートビューが表示される。
 フリック、ドラッグによる全方位視野移動、ピンチによるズームが可能。しかも軽い。かなりすごい。

 さて、まとめ。
 このGoogleマップによるルート探索には、致命的な点が一つある。
 それは、ルートの候補を一つしか表示しない点だ。
 交通機関の乗り換え、ルート探索においては、「駅探エクスプレス」という素晴らしいアプリがすでにある。検索の速度、精度、iPhoneらしいこなれた操作性、文句のつけようのないアプリだ。
 その駅探エクスプレスでなくても、この手のソフトには必ず複数候補を出す機能がある。
 「時間優先」「価格優先」「距離優先」「交通手段別(空路か陸路か)」などである。
 従って現状では、Googleの乗り物ルート案内は誰も使わない。

 車に至ってはもっと致命的で、有料道路を使ってでも時間か距離の最短を出してくるようである。
 例えば3、40分圏内の移動に、誰が有料道路を使うだろうか。
 スキーツアーの「行き」に高速道路が人身事故で大渋滞。迂回路を探したい。こんなときこそカーナビの面目躍如である。
 現状では、車のルート探索も全く使えない。

 ちょっと横道だが、iPhoneのアプリで今カーナビに最も近い機能を持っているのは「全力案内」というアプリだ。皮肉なことにソフトバンクの別のキャリアにカーナビ機能を提供している会社のものである。
 このアプリは、「シミュレーション」で、自宅にいながらにして(笑)目的地までの音声案内をやってくれる。一方で、「フリーモード」では常に現在地を測位しなおし、地図の位置と向きを描き換える。
 両者の機能を合わせれば「音声案内つきカーナビゲーション」のできあがりだ。
 iPhoneのハードでは100%それが可能だとこのアプリが物語っている。

 ソースが定かでない噂なのであまり言わなかったが、こうなると「アップルが自社でカーナビ市場に乗り出したいために、iPhoneにカーナビ機能を提供することをブロックしている」というのは、ほぼ事実だろう。愚かしい限りだ。もともとアップルは作るものはすごいものの修理サポートなどのふざけた高飛車な対応など好きな会社ではなかったが、もっと嫌いになった。

 話をGoogleMapに戻す。
 音声無しのページ切り替え案内は、徒歩で新しい場所を訪ねるのに十分役に立つ。音声よりこのページ切り替えの方が、徒歩の場合(乗り物でも)軽くて使いやすい。徒歩ではルートは一本で全く問題はないし。

 乗り物ルート、乗り換えについては、この際Googleががんばる必要はない。すでに「駅探エキスプレス」で十分な機能が提供されている。

 車だが、どっちみち本当のカーナビのように使うのは法規上問題で、同乗者に地図を見てもらう前提なら、このページ切り替え案内は決して悪くない。ただし、せめて下道優先か時間優先かとかでモード切替とか、複数候補を出すとかしないと全く使えない。

 ちなみに先述の全力案内は、常に「現在地」からしか案内できない意味不明の致命的な欠陥があり、事前に調べたルートを移動しながら確認することもできないため、ただのデモアプリに終わっており、ナビとしても地図としても使えない。出発地と目的地を指定して、ルートが保管できれば、かなり使えるのに全くわけがわからない。

 GoogleMapが複数候補を出せるようになっても、音声案内、渋滞情報の反映、リアルタイムルート探索を備えた国内キャリア、auのEZ助手席ナビ等に遠く及ばないことは言うまでもない。

 ハードが十分な性能を備えているのにそれができない。キャリアを出している企業の他サービスとの競合なんて理由は、ユーザーの神経を逆撫でするばかりである。いい加減アップルも考えを変えてもらいたい。とても歯がゆい。
スポンサーサイト



海外旅行に行く前に

 さて唐突な話題のようだが、ここは実はiPhoneのブログではない(笑) 最近ハマってるので話題がそればかりになっているということである。

 パスポートが切れていたんで更新しようと思ったが、何しろ十年以上前のことで、手続きを全く覚えていなかった。旅券事務所に電話をかけたが、窓口は全て自動音声で人間が出ない。
 ネットで調べていて、危ないところで間違うところだったのが、「戸籍抄本」というやつ。これ、本籍地の役場でないと出ない。もうちょっとで今の住所の役場に無駄足を踏むところだった。
 で、交通費ももったいないので、郵送請求をするわけだが、手数料の支払いがなんと「定額小為替」になってしまう。以前は額面に関わらず10円とかだったはずだが、今は100円だ。450円分で手数料が200円。郵便局の人は「額面500円を一枚の方がトータルで安い」と言ってくれたが、お釣りのいるものを役場に送るわけにもいかない。寄付すると言っても混乱するだろうし。

 それから、ふと思い出して海外での現地通貨引き出しの方法を調べた。

 以前は、新生銀行と郵貯セゾンのジョイントカードでSAVING、つまり、クレジットカードのキャッシングではなく、現地通貨の引き出しが可能だった(キャッシングは手数料以外に利息がガッツリかかるので非常手段)。

 行く国にもよるだろうが、海外で円が通用することはまずなく、トラベラーズチェックなんか、もっと通用しない。ある程度の先進国の、都市部、ホテルやいいレストランくらいだろう。
 そこで、現地通貨が必要になるが、一、二日分随時両替しないと、トラブルに見舞われたとき悲惨だ。円の現金をごっそり盗まれるのも同様である。

 そこで僕は、クレジットカード二種、新生銀行のカード、郵貯セゾン(Masterのクレジットカードでもある)、円現金を、適宜しまう場所を分けて持っていくことにしていた。

 ところが、郵政民営化であらかた郵貯とクレジットのジョイントカードは消えてしまった。セゾンの海外通貨引き出しサービスもオシマイである。
 向こうで新生銀行のカードを盗難、破損、紛失したら、ということを考えれば、もう一種類くらい現金引き出しの手段は欲しい。

 調べたら、あった。
 シティバンクは以前からあるが論外。30万も預金が必要で、解約する時8000円くらい取られてキレた。あの銀行は泥棒である。
 もう一手は、最近できたイーバンクマネーカード(VISAデビット付帯)である。これが海外ATMサービス網PLUSと提携しており、PLUS提携のATMで現地通貨の引き出し可能だ。eBankの口座は以前から持っていたが、郵貯セゾンのサービスが消えた今、なかなか使える銀行、カードになったんじゃなかろうか。

 にしても、郵政民営化、とりあえずいいこと一つもないんだが……。目に見えないところでは何かあるのかね? 無駄が消えたとか。
[PR]
最短で100万稼ぐ方法
☆リアルタイムで公開中☆



iPhone:OS2.2JailBreak速報

 早すぎw
 もう新バージョンOSの脱獄ができちゃったようです。ただし、WindowsはQuickPWNのみ。
 Windowsの脱獄ツールWinpwnは、2.1版も結局間に合わなかったので、今回も期待できません。そこで、QuickPwnで脱獄しちゃうことにしました。

 QuickPwnの配布元はこちら

 QuickPwnは、向こうのページの説明によるとbasebandをアップグレードしない、とあります。
 実際、QuickPwn2.2を2.1OSのまま使用してもエラーは出ませんがOSは2.1のままです。
 そこで、正規に2.2にアップしたあとQuickPwn2.2を適用するのですが、あいにくこれをやると脱獄後入れた勝手アプリが全部消えてしまいます。再インストールすると設定が残っているものが多いですが、Cycorderで撮った動画とか、普通にiTunes等で同期できないデータは復旧不能なので、脱獄やる人は必ずバックアップを取っておきましょう。正規アプリとデータは大丈夫です。
 今回脱獄が初めてなら、正規に2.2に上げてからでないと二度手間になります。

 WinPwnであれば、ファーム全体を脱獄したものと置き換え、脱獄後の状態を保持できるのでしょうが、開発者が多忙なのか、技術的デッドロックにぶち当たったのかわかりませんが、バージョンアップが止まってますんで、今はWindowsではQuickPwnしかチョイスがありません。

 手順については、GUIでステップバイステップなので、QuickPwnを解凍し、実行すれば迷うところはありません。

 英語がネックな方のために簡単に書いておきます。

1.画面の指示通り電源を入れたiPhoneを接続。
2.説明に従い、Nextで進む。入れるアプリは、Cydiaインストーラーが必須。あとは旧インストーラーと、起動アイコンを変えるかどうかなのでお好みで。全てチェックONでよいでしょう。
3.指示通り進むと、DFUモードのカウントダウンのステップに入ります。電源ボタン(本体左上)とホームボタン(画面下)に指を乗せ、待機。
 ? ホームボタンを押す。5秒。
 ? ホームボタンを押したまま電源ボタンを押す。10秒
 ? ホームボタンを離さず、電源ボタンを離す。30秒
4.ボタンを離し、あとは待っているだけでJailBreakが終了します。

 目玉である経路探索と絵文字、試しました。ストリートビューはもしかしてまだ? でしょうか。これらについてのレポートは、また後日。

 ※ 以上、全て自己責任です。脱獄はメーカー非公認行為です。
[PR]
1万曲が全部タダ!
永久無料サイトOPEN!



iPhone:OS2.2リリース

 した。が、ウチはまだバージョンアップはしない。脱獄版が出るまで待たないとまた面倒なことになるからである。

 しかし今回のバージョンアップはこれまでと違い(これまでは単に安定性の向上など、目に見える変化はなかった)、かなり重要なバージョンアップである。

 まず、目玉はGoogleMapの機能向上で、ようやくボタンだけはついていた経路探索が可能になる。交通機関と徒歩を含めて探索可能だということだ。
 EZ助手席ナビにはかなわないが、駅から降りて新しい目的地に歩いていく場合の道案内とか、歩きナビ程度のことはできるはずで、ようやくGPS搭載マップの意味が有効化することになる。

 しかし、まあ実際にバージョンアップしてみればわかることだが、iPhoneではどうやってこのサービスを提供するのだろうか。
 国産3キャリアはいずれも、実質的にはNAVI TIME JAPANと提携してこの機能を実現している。EZ助手席ナビは携帯の基地局も使った他所より一歩進んだサービスらしいが、ちゃんとナビタイム提携と記載されている。
 地図やノウハウをそうあちこちの会社が持っているとも思えないし、そもそもナビタイムは過去に不完全なナビアプリをappストアで提供して大叩きにあって引っ込んだ経緯がある。一方、アップルは自社でカーナビ市場に乗り出したいために、iPhoneでのナビ機能をブロックしているという噂もあった。
 蓋を開ければ歩きナビの範囲のことを、ナビタイムと業務提携で提供することをアップルが受け入れた、ということになってるんじゃないかと思う。早く確かめたいが、脱獄を待たねば……。

 さらにMap連携でGoogleストリートビューに対応するそうだが、いらない。PCでも何に使うのか不明なのに、出先であんな重いアプリを起動して、落ちたりして、肝心の実用的な地図探索が中断するようでは目も当てられない。まあ人に見せる分には、GoogleEarthと同じく、「すげえ」となるだろうが、同じくその次に、「それで?」となるな。んなもんより音声案内つきカーナビの方が「すげえ」し、実用的だし、ハード的には可能なはずなのにな。

 さて、その他の重要なアップデートはメールの絵文字対応だ。日本の携帯には必須なんだそうだ。誰が言ったんだろうか。僕はいらない。一度も使ったことない。デコメなんかましていらない。単に携帯会社がパケット稼ぎたいだけじゃないかと思うんだが。

 まあ機能が足りないよりはさしてマシンに負荷をかけない機能はあっていい。使わなければいいわけだから。

 ついでに、頭の悪い文字入力時のオートコレクトを切るスイッチ機能が「設定」に加わるようだ。脱獄していれば、BossPrefsからとっくに可能だった。
 あれは誤字訂正というより正字誤変換機能なので、スイッチより機能自体から削除した方がいいだろう。

レビュー:母をたずねて三千里(テレビアニメ)

 体調が上がってきません。寝てばかりで何も手につかない。
 そんな中、先日一気に「母をたずねて三千里」を視聴コンプリートしました。つまりDVD見るにも気合いがいるくらい調子が悪いので、見だしたら一気に、と思ったわけです。

 一般的にはどうかわかりませんが、この作品の魅力はまず第一にマルコ君の造型にあると思います。礼儀正しく家族思いのよい子ですが、外見から思わせるような大人しく何事もじっと耐えるとかいうタイプではなく、かなりの激情家で、むら気があって、怒ったり、泣いたり、時には八つ当たりをしたり、無茶をしたり、と、「男の子」らしいリアルな存在感があります。
 僕は番組中のマルコより幼い時にこれを見ていたはずなので、記憶にほとんどなかったですが、殴り合いのケンカをするタイプという印象は全くなかったですね。小さい体で大人に飛びかかっていくんですよ。ここらで一気に、彼に入れ込んでしまいました。

 旅の中でマルコがすることは、あとの計算もなく全てを投げ出す行動であることがたびたびあります。これは子どもの強さであり、純粋さであり、美しさです。
 メレッリという、マルコ一家を騙して結果的にマルコにとんでもない苦労を背負わせた人物は、弱い大人の代表です。見栄を張り、嘘をつき、いつか行き詰まります。
 ペッピーノという人形一座の男は、やはり見栄っ張りでいつまでも夢見がちな弱い男です。奥さんにも逃げられています。でも根は善良だし、侠気も捨てていない。それが底辺を生きた男同士ながら、メレッリの正体を見破り、さらなる嘘によって彼がマルコを苦境に追い込んだと知った時、ペッピーノがメレッリを殴るシーンに集約されています。
 大人の視点でこのアニメを見ると、ペッピーノにすごく近親感がわきますね。
 マルコの純粋さは確かに美しいのですが、「幼くて計算ができない」という要素による部分も大きいのです。マルコは知り合ったばかりの貧しいインディオの女の子の治療のために、旅費として貸し受けた全財産を投げ出します。こうした決断こそ侠気です。でも子ども連れのペッピーノには絶対できないことなんですよね。町の医者だって一人タダで診たらもうあとへ引けないです。仕事になりません。だから貧乏人の診察は門前払いです。

 また、様々な人との出会いがもたらすマルコ自身の視野の広がりは、こういう言い方好きでないですが「ためになる」ものではないかと思います。「乞食」呼ばわりされ、行き倒れそうな立場を味わい、大道芸人一家という底辺を生きる家族と寝食を共にする一方で、一生労働などと縁のない大人、子どもの生活も見つめる。マルコに入れ込んで話を楽しむ(というかけっこうつらいので味わうというべきか)と、見えなかったものが見えてくる、というような人々と社会の描き込みは、大人の視聴にも立派に耐えます。

 人間って意外と小さな世界に生きているもんです。僕自身前の仕事では、最終的には夜逃げしてしまった貧しい家庭の親子から、医者親子、古典芸能の名門の師弟、大都市の暮らし、一日にバス五本のいなか、漁師町、雪国とか、いろいろな人と知り合っていろんな土地に暮らし、自分の大学出るまでの世界がおそろしく狭かったことを実感しました。
 まあ実際なら死んでしまうでしょうけど(笑)、あれだけの旅をすれば、彼は大人になって本当の意味で人に優しい人間になれそうですね。上から人を見た同情とかでなく。
 もともとが100年前の話であることもあり、今見てもいささかも古びた感じはしないので、今の子どもにも見せられるでしょうね。教育的意図ってのはイヤなんですがね。

 少年だけがもてる、勇気や、弱さや、優しさ、強さ、戸惑い、さびしさなどが52話に目一杯盛り込まれていました。

 僕が一場面だけ鮮明に記憶していたのは、最後の最後、もう歩くだけになったマルコの靴が片方壊れてしまい、補修した靴で歩きその足をケガして、片足素足で歩き続けるシーンでした。制作者視点から言えば、さんざんひどい目に遭わせてきての(笑)、アップダウンの繰り返しのなかの、物語のピークで、やっぱり印象に残っていただけのことはありましたね。

 作画の面でも、これも子どもの頃はなんとなくしかわからなかったに違いないですが、単に絵がきれいとかいうだけでなく、さまざまな面で極めて巧妙です。この頃すでに、宮崎駿の力量と個性が相当作品に反映されていると思いますね。

iPhone:Wifi環境をより便利に

 某床屋さんで珍しくiPhoneユーザーの方に会ったが、Wifi環境はお持ちでないとのこと。だいぶ損ですよ、という話はしておいた。

 いくつか、Wifi環境がないとできないことをあげてみれば、

・JailBreakしない前提だと、iPhoneをストレージとして用いる(文書データなどを持ち歩いたり閲覧したりする)ことができない。
・fringが使えない。
・YouTube、Simplifyなどが高画質・高音質で楽しめない。
・3G経由の課金を回避し、月額料金を安くあげられない。

 などがある。

 fringによる音声通話もだが、3GでもWifiでもできることは、Wifiなら無料で高速なのである。やはりiPhoneの真価を味わうにはWifi環境がぜひ欲しいところだ。

 このWifi環境をより便利にするアプリを、二つ紹介しておく。

■EasyWifi
 脱獄不要。正規appストアで手に入る。値段は忘れたが115円とか格安。値段なんか気にならないくらいものすごく便利。
 日本の公衆無線LANの普及はアメリカあたりと比べるとだいぶ遅れているようだが、主要駅や地下鉄構内に無料の、マクドナルド、ドトールなど、あともちろん空港に有料の無線LANがきていて、じりじり拡がっている。
 このうち有料の無線LANは、ややこしいSSIDなどは一回きりでいいが、サービス提供会社の認証IDとパスワードの入力が毎回必須である。
 僕の場合ワイヤレスゲートという、BBモバイルポイント・livedoor Wireless・成田空港エアポートネットなどを一個のIDで使えるサービスを契約している。月額380円。

 iPhoneの場合、たたでさえ文字入力がめんどくさいし、喫茶店やマクドナルドにそう長居するものではない。
 このアプリを起動してWifiサービス圏に入ると、事前に設定さえしておけば、自動的にIDとパスワードを入力して接続した状態になってくれる。いきなりsafari起動で繋がるのだ。体験すればわかるが、まことに便利で、外出先でのwifi使用頻度が高い人は、必携のアプリである。

■WifiToggle
 こちらは要脱獄。文字通りWifiのON/OFFを、設定画面に入らずできるトグルスイッチをOS画面上に作るものだ。
 iPhoneはデフォルト設定でより高速な接続を見つけると接続を切り替える。ところが、鉄道で移動中などによくあるが、契約していないWifiコネクションに勝手に接続してしまって、safariに繋ぐとそこの広告画面が出てきたりすることがある。もっぱら3Gでいい場合、このアプリでWifiを切ってしまう。
 これは確認していないが、家庭でもWifi環境がなく、外でも無料のスポット以外使わない場合、WifiをOFFにしておいた方が、バッテリーの持ちもよいのではないだろうか。 
プロフィール

Y.S.

Author:Y.S.
ネットを中心として活動する文章屋です。最近はiPhoneにはまってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
AD
AD

月別アーカイブ
ブログ内検索
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

AD

AD
タグ

iPad iPhone 電子書籍 Kinoppy Android 映画 大泉洋 こんにゃくゼリー Annular YouTube eclipse パソコン iPhoneJailBreak 脱獄 BDZ-AT350S GV-MVP/XS2 動画 キャプチャボード iOS5.1.1 レイアウト 時事問題 ニュース 社会問題 小説 箱庭の虹 性同一性障害 同性婚 縦書き ミステリ 一太郎 ダウンロード EPUB3 金環日食 ハードボイルド 修理 "ULTRA WiFi" 中古 ホームボタン エヴァンゲリオン iPhone5 ジャンゴ タランティーノ テキストエディタ jota 加藤コミッショナー 統一球 レビュー プロ野球 ヱヴァンゲリヲン 生活保護 著作権保護 動画編集 コピーガード Blu-ray 地デジ ブルーレイ アプリ ダウンロード販売 TPP 消費税 自衛隊 教育 同人誌 選挙 iTextPad