FC2ブログ
文章屋Y.S.のよしなしごと日記、音楽映画書評など

iPhone:自作着メロを導入する方法

 個人的には着メロなどに金を出す気はさらさらない。自分の好きな曲はCDなどで買って持っているわけだから、それを使いたいではないか。
AU携帯でも、自作着うたを作るツールなども出回っていたが、iPhoneでは特別なツールは必要ない。

1.iTunesに入っている曲をチョイス。プロパティを開く。
2.オプションタブの中に「開始時間」と「終了時間」という設定項目がある。これにチェックを入れて設定する。実験したことはないが40秒以下という制限があるそうなので、「キレ」のいいところを抜きだそう。
3.プロパティを閉じ、曲を右クリック、メニューの、「AACへ変換」を選ぶ。「MP3に」になっている場合は、編集→設定のところで設定を変えてからやる。
4.切り出された曲ができたら、それをエクスプローラーなどで開き、拡張子.m4aを.m4rに変えてしまう。
5.このファイルをダブルクリックすると、まだなければiTunesに「着信音」フォルダが生成され、作った着メロが入る。これを同期すればOK。
6.再生時間をいじった曲の設定は元に戻し、.m4aへのiTunesのリンクはデッドリンクになってしまっているので消して整理する。

以上。簡単すぎる!
スポンサーサイト



iPhone:ファーム2.0.2のJailBreak

 ちょっと遅れていましたが、やっとWinPwn2.5がリリースされました。βとついていますが2.0.2ファームをJailBreakできます。
 この前書いたQuickPwnてのはあれですな。つなぎソフトみたいなもんで、うっかり正式2.0.2に上げた人が、2.0.1JailBreak相当に戻すためのもんだったようです。

 で、WinPwn2.5ですが、パーティションコントロールなどを含むエキスパートモードとほとんど操作のいらないBASICモードを備え、DFUモードに入る際のカウントダウンもやってくれるので、すごく楽になりました。

 が、僕は一回目、なぜかメーラーが機能しなくなってしまい、やり直しを強いられました。パーティションのいじり方がまずかったか、もしくは2.0.1カスタムファーム状態から直接2.0.2カスタムファームを導入しようとしたのが間違いだったのかもしれません。

 一度正式版のファームウェアバージョンアップ(リストア)を行い、再度、今度はBASICモードでJailBreakを試みたところ、うまく行きました。
 サードパーティアプリの中には消えてしまうソフトもあるのですが、僕が入れていた有料ソフトのSnaptureはiPhoneのシリアルナンバーでアクティベイトするので問題ありません。
 入れたサードパーティアプリはもちろん、アイコンの整理位置とか、全部復元できるといいのですがね。JailBreak(まあリストアも同じですが)はえらい時間がかかりますから。

QuickPwn

 とりあえず速報で。

http://theiphoneproject.org/index.php/faq/32-languages/109-quickpwn-windows-guide

 WinPwnの方がバグと格闘してるということで、もう一日待ってくれとか書いてあったんですが、今日は制作者のサイトにつながりません。
 んで、かわりに、というべきか2.0.2ファームに対応したQuickPwnなるソフトが出ていました。

 ところが2.0.2ファームを使ってこれでJailBreakしても、iPhone上でのファームの表示は2.0.1のものなんですね。
 そういう仕様なのかもしれませんし、2.0.1から2.0.2に上げて特にいいことがあるという話も聞きませんので、まあいいかと思いますが……。

 WinPwnより、こちらの方が確実に高速で使いやすいです。
 途中でのDFUモードに入るためのボタンを押すタイミングや時間を案内してくれますし、全体としてかかる時間も短い。iTunesも必要としません。

 が、できあがったカスタムファームがPC上にあるのか、あるならどこにあるのかは判然としませんので、ソフトに頼らず自力でカスタムファームへのリカバリーがしにくいですね。

 しかし何よりもやはり、iphone上でのバージョン表示は気になります。

iPhone:Jailbreakの妙味を味わう まずはBossPrefsとDock

 正規のAppストアもだいぶ充実してきましたし、無料ソフトだけでもかなりのことができるようになりました。今後順次紹介しますが、

ストレージとドキュメントビュアー機能
QRコードリーダ
ボイスレコーダー
付加機能のついたカメラ
ビデオカメラ
PC上の音楽をWiFiや3Gで飛ばして演奏
IM(WindowsLiveメッセンジャー利用可能、ボイスチャット可能)
加速度センサを使ったユニークなゲーム

 などiPhone持ってるならぜひ入れたいアプリが、正規Appストアだけでも、無料だけでも目白押しです(上記は有料、無料、要JailBreakごちゃまぜです)。

 で、素直にアプリを増やしていくと、アイコンがビシバシ増えていきますし、指でのページ送りでかなり機能的ではあっても、カテゴリ分けとか、したくなってきます。

 そこで登場するのが、Jail Breakすれば使えるDockです。

 Boss Prefsは現在3G2.0のiPhoneをJailBreakした場合の基本インストーラーCydiaの基軸ソフトで、iPhoneの設定を拡張するものです。これを入れた上で、Dockもインストールします。

 余裕があれば画像付きで紹介したいですが、実はDockの使い方、英語の説明がよく解読できなくて、なかなかわかりませんでした。ややこしいんですw

 まず生成される、Dock Prefsで、あらかじめ用意されたカテゴリや、自作したカテゴリに、アプリやショートカットを振り分けます。そしてオプションで、Show Hidden apps(隠されたアプリを表示する)をonにします。

 BossPrefsの方では、トップの下にHide Iconというボタンがあるので、ここで通常表示で隠すアプリやショートカットを選びます。というかよく使うもの以外を隠してしまうのです。

 これで、普段の画面はWindowsでのデスクトップのように、Spring boardと呼ばれているらしい、拡張メニューからは全ての機能が選べます。

 僕がわからなかったのが、この拡張メニューの呼び出し方でして、試行錯誤では無理ですね。英文をよく読み直してやっとわかりました。

 電話やメールなどの基本の四つのアイコンよりさらに下を、爪の先くらいでタッチすると、画面中央にカテゴリアイコンがずらりと出現します。タッチでうまく行かない場合、四つのアイコンの少し上までドラッグしてみて下さい。その高さのまま、指を横にスライドすると、カテゴリアイコンバーは逆に動き、大きくなっているアイコンが選択されています。
 その状態で、カテゴリバーよりも上まで、指をスライドさせます。そこまでしなくてもカテゴリの中身は出現しますが、隣のカテゴリに間違って指が動いたりするので、通り過ぎさせた方がいいです。
 中身のアイコン群は画面上方に並ぶので、左右に指をスライドさせ、大きくなったものが選択されているので、その状態で指を離すとアプリ起動、ショートカットへジャンプです。

 たくさんのアプリをiPhoneに入れるパワーユーザーにとって、Dockは必需のアプリと言えます。

iPhone最大の不満 ナビゲーション

 この前もヘッドラインを見たら、iPhoneのアプリは質より量か、等という的外れな記事を発見した。ブンヤにこの辺の事情をまともに探り、暴く力量や態度はもはや全く期待できない。

AUから乗り換えた自分にとって、現状、もっとも不満なのがナビ機能である。EZナビウォークもEZ助手席ナビも、カーナビが不要なほど便利で高機能だったのだ。課金は月額500円に過ぎない。

iPhoneはGPSを搭載しているにも関わらず、またルート検索のボタンがあるにも関わらず、GoogleMapでは100%ルートを見つけられない。β版ならボタンを出すなと思ってしまう。

NAVITIMEが乗り出して、多いに期待した。auの助手席ナビも、こことの提携で実現している機能なのだ。

ところが、無料アプリをうたいながら、大半の機能が「試用」すらできない。すぐに会員登録と月額課金を求めてくるのである。しかも、普通の携帯より操作性が悪い(項目の選択だけでモタモタと重い)。

囂々たる非難を浴びて、一度appストアから消えて復活したと思ったら、赤い文字で「iPhoneのナビタイムではGPS現在地測位によるサービスを現在提供していません。次期バージョンで対応予定です。新バージョンでも音声ガイダンスによるルート案内は提供していません」と書いただけの変化。操作の重さも試用モードも、一歩の進歩もなく、できないことを注意書きしただけでの復活である。

再び、すさまじい批判を浴びている。当たり前である。

個人的には、音声はなくても、現在地と、向かう方向のルート表示、歩きだけでなくカーナビとして、分岐点での矢印表示と「音」くらいあればいい。しかしそこまでできれば、たぶん音声も技術的には可能ではないかと思う。

なぜできないのかが問題。

Appleが自社にてカーナビ市場に乗り出す意志があるという噂がある。それ故にアプリやサービス提供側に、ルート検索機能のついたサービスの提供を許していないと。
だとすれば、批判されるべきはAppleだ。自社でサービスを間に合わせるか、それができないなら後発として公正に競争すべきである。

そうではなく、NAVITIMEの開発力の問題か、はたまた間をとりもつソフトバンクの問題か。

いずれにせよ、責任の所在を明らかにし、ユーザーの利益の最大化をはかって欲しい。
現状では、GPSを内蔵している意味が全くない。この仕様を選択したAppleならば、GoogleMapsとの連携で、EZ助手席ナビをもはるかに凌ぐサービスを提供する気はなかったのか。ハードウェアそのものは国産携帯キャリアの二世代先を行ってるものなのだ。

ああもどかしい。なんとかしてほしい。

[CM]情報商材が激安、格安、割引価格で購入可能

iPhone:ボイスチャットを実現したアプリPalringo他

 WindowsLiveメッセ他様々なIMをこれ一本で同時利用できるアプリPalringoが、バージョンアップしてみたらボイスチャットに対応していました。
 現状トランシーバーのようにボタンを押してメッセージを吹き込み、離すとSendされるというもので、電話のようにはいきませんが、いずれせよ音声通話が3GであれWiFiであれ、ソフトバンクの音声通話課金の外でできるわけです。

 個人的にはFringというソフトの2.0、3Gへの対応を待望しています。スカイプが通常の通話さながらに使えるんですよ。スカイプtoGOの有料でも、他社携帯や固定、まして国際通話となると激しい価格差が出ます。開発元では鋭意制作中とあるんで、心待ちです。
 ただこちらは、JailBreak必要ですから、自己責任で、知識と覚悟のある方向けです。Palringoはappストアの公式アプリですよ。

 データストレージと文書ビュワーのソフトはFiles以外に2種Appストアに出ていますが、有料なので試してません。DataCaseというのが評価は高いですがFilesと大差があるようには思えませんでした。WebDAVではないようなので(FTPが使える)、Filesがどうしてもうまくいかない人はこちらですかね。もう一手のFileMagnetはMac専用です。間違って買ったんだこれが(笑)
CAD通信制スクール「e-Groove」

iPhone:JailbreakとDFUモード

 以前、公式のファームが2.0.0(347)の時は、比較的すんなりJailBreakに成功したのに、2.0.1になり、winpwn2.0.0.4が対応を明示しているのにも関わらず、うまくいきませんでした。
iTunesがその間にマイナーバージョンアップしていますし、winpwnが対応し切れていないのかなあ、と、一時あきらめ。

 なにしろ、JailBreakっていうか、ファームの入れ替えはすごい時間がかかるのです。

 僕の場合の症状は、作り上げたカスタムファームを、Shiftキーを押しながら選択すると、不明なエラー(6)で失敗するというもの。
 winpwnのページをチェックしますと、20以下のエラーメッセージはDFUモードへ入るのに成功していないからだ、とあります。何を言ってんだ以前一度俺は成功してるんだ、と思いましたが、今日ググっていて、こんな記述を見つけました。

※DFUモードへの突入方法
DFU(Device Firmware Upgrade)モード復元を行うモードです
Restoreモードは画面にケーブルをiTunesに接続する絵が表示される
DFUモードでは何も表示されません

 むむ、iTunesとの接続させる絵が出てた気がする。てことは以前DFUに入れたのはマグレだったのか。

 手順ですが、

1.iPhoneの電源を切る。
2.スリープ/電源ボタンとホームボタンを10秒弱同時長押し、長く押しすぎると普通のリストアモードに入ってしまう。
3.電源ボタンのみを離す。iPhoneの画面は真っ暗。USBの認識をPCが開始し、復元モードのiPhoneをiTunesが認識するまで、真っ暗なまま、であれば、DFUモードに入れている。もうホームボタンも離してよい。
4.あとは復元の時、Shiftキーを押して復元ボタンを押せば、ファイル選択が可能になり、カスタムファームが適用できる。

 覚えちまえば簡単なんだが、保証外の行為だけにビビるな。
 とくに、iPhoneだけに入っていてiTunesにないデータやアプリがあると、トラブった時冷や汗もの。

 スカイプ入れてみたい~(まだ2.0非対応)

iPhoneをストレージ化、PDFビュワーとして利用する

 以前、JailBreakによって挑戦したがうまくいかなかったタイトルのテーマ。

公認のappストアアプリに、Filesというものが登場し、実現することができた。

WebDAVという僕としては耳慣れない技術を使っていて、iPhoneをサーバーとみなしてWindowsからなら本来、ネットワークドライブとして認識させることができる。

ところがこれがうまくいかない。ブラウザにhttp://~で始まる指定のアドレスとポートを入力すると、iPhoneの中身は表示されるが、ファイルのやりとりはできない。パスワードまで聞いてくるくせに最終的にはネットワークドライブとしての設定に失敗する。

アプリ提供元サイトと、appストアのコメントを参考にして、WebDAVクライエントソフトを導入。僕が使わせてもらったのはAnyClientというソフトだ。もう一手あったのだが、どうも試用期間が過ぎると有料になるようなので避けた。
これで、接続に成功。ところが、iPhoneの読み込み、ファイルのダウンロード(最初にReadme.docが入っている)はできるのに、書き込みができない。
そこで最初の設定を変更して、Publicフォルダのゲストアクセスをonにする。
これで、書き込みにも成功した。しかしguestじゃないんだけどなあ。まあ、できたからとりあえずよしとする。

PDFファイルについてはbookmarkがまさに「しおり」として機能し、ページ数の多いファイルでも快適に閲覧できた。
ベタテキストは、Shift-JISのものは文字化けしてしまうようなので、UTF8に変換して転送したら、うまく表示できた。オフラインで小説なんか読みたい場合。テキストはかえって軽快で、改行もズームに合わせ自在にかわるのでいいかもしんない。

iPhoneで自分のサイト見てても思うことは、携帯用の、改行位置を指定していないページでも、縦か横のiPhoneの画面の幅と、規定の文字サイズで一行文字数が決まってしまい、やや文字がそれだと小さいということだ。ズームすれば同じ行の端がはみ出してしまうわけだから、改行字数をフレキシブルに変更してもらった方が読みやすいのは間違いない。なんかいい手ないかね。サイト作る側の工夫としても。

Filesに話を戻すが、動画も見られると提供元サイトにあるのに、うちで試したものはどれもだめだった。サイズや形式は、どういうものに対応しているのだろうか。

世界へ出品はじめましょう!リスクフリーで世界へ販売GDEXJAPAN

プロフィール

Y.S.

Author:Y.S.
ネットを中心として活動する文章屋です。最近はiPhoneにはまってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
AD
AD

月別アーカイブ
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

AD

AD
タグ

iPad iPhone 電子書籍 Kinoppy Android 映画 大泉洋 こんにゃくゼリー Annular YouTube eclipse パソコン iPhoneJailBreak 脱獄 BDZ-AT350S GV-MVP/XS2 動画 キャプチャボード iOS5.1.1 レイアウト 時事問題 ニュース 社会問題 小説 箱庭の虹 性同一性障害 同性婚 縦書き ミステリ 一太郎 ダウンロード EPUB3 金環日食 ハードボイルド 修理 "ULTRA WiFi" 中古 ホームボタン エヴァンゲリオン iPhone5 ジャンゴ タランティーノ テキストエディタ jota 加藤コミッショナー 統一球 レビュー プロ野球 ヱヴァンゲリヲン 生活保護 著作権保護 動画編集 コピーガード Blu-ray 地デジ ブルーレイ アプリ ダウンロード販売 TPP 消費税 自衛隊 教育 同人誌 選挙 iTextPad