FC2ブログ
文章屋Y.S.のよしなしごと日記、音楽映画書評など

たばこは有害か

 たばこ自販機が、成人認証カードtaspoとやらを持たないと、使えなくなるそうだ。
 私は今はたばこを吸わないので、自身には別に関係ない。それと私自身は身近でたばこを吸われてもいっこうにこたえないが、子どもの頃はイヤだったし、間近で吸われると不愉快というのもわかる。それとかつて喫煙者はとてもマナーが悪く、やたら吸い殻をあちこちに捨てるのも、いただけない感じだった。
 しかしながら、どうも昨今の嫌煙論議には、嫌らしくもヒステリックなものが混入している気がして、逆に喫煙擁護論を展開したい気分になる。独善的で政治的な、反捕鯨論にも似ている。

 喫煙の実害は、生活実感として確実なものは依存性である。これは多くの喫煙者自身が認めているので、ほぼ実証されたと言っていいが、個人差はある。
 私は一日一箱レベルの喫煙者だった時期があるが、いつでも辞めることができた。たばこと直接関係ない健康面や、職場がどんどん禁煙になっていく傾向の中で、自然に辞めた。
 しかし一般には、禁煙は大変な苦労を伴うもののようだ。
 だからといってそれをもって禁止すべきとは言えない。たばこさえ吸えば実害はないのであって、本人の選択の範囲だ。食べ物や娯楽(ゲームとか)にも依存症はある。麻薬や覚醒剤と違って、耐性によりどんどん使用量が増えるということもない。

 その他の害については、実はきちんと実証されていない。発癌性など、極めて極端な条件下の試験でデータを導き出しており、はたして添加物てんこもりの加工食品を毎日食べるのと、仕事でストレスためまくって胃炎を連発するのと、紫外線を浴びるのと、どれがより危ないやらわからない。肺癌や肺気腫で亡くなった人が、たばこのせいで死んだと実証する方法などないのだ。
 おおむね喫煙者は(とくに先進国において)低所得層に多く、彼らは生活習慣が乱れ、食生活が悪く、飲酒や喫煙でも極端な無茶をやりがちで、医療も遅れがちだ。職場の衛生面や安全面で問題があり、化学物質や放射性物質被害にも遭いやすい。
 このような要因が、ある疾病の死亡率と喫煙者率の相関関係を上げている可能性が高い。雑音を排除してデータを挙げないと、科学的な実証としては全く不足なのだ。

 四十過ぎまで現役のスポーツ選手たり得たプロ野球の名選手には、今は減っただろうがヘビースモーカーも少なくない。彼らにどんな健康被害があるのか。
 たばこは、それを吸ってる期間中は体内のヘモグロビンに一酸化炭素が多数結合して、酸素の活用能力を下げるので、陸上の短距離などでは、確実に記録が下がる。
 私の高校時代の友人で、地区大会上位級の水泳選手は、大会の一、二週間前だかに、「たばこ切り」を行う。そうするとちゃんと記録が出るのだ。要するにこれは、「アルコールが体内に残っていると判断力が鈍る」というような一時的なものに過ぎない。

 これをもってこれをみるに、確かにからだに、少なくともいいものでなし、害も実証はされていないが疑いが濃いものも多いし、吸わない人にはおおむね不快なものであるし……
 何も無理に吸わなくてもね、と非喫煙者としては思う。
 依存性の面や、害がある疑いからして、未成年から遠ざけるのも正しい。だいたいたばこに依存性を覚えて毎日300円一箱を消費する小中学生なんざ見たくもない。
 また医療用語にプレグナンシーカテゴリーというのがあり、妊婦、乳児にはより有害性への配慮が必要で、受動喫煙のリスクを考えれば、分煙を徹底するのも、正しい。

 そこらへんの線引きさえすれば、喫煙も一つの個人的嗜好、ちょっとした「悪習」として、認めるべきである。現状はどうにもヒステリックだ。日本はかなりましなほうだが。

 taspoとか、だいたいかつて、たばこを専売し、今も強大な利権を確保する中央が、また何か言い出したという感じだ。莫大な税金をかけ国庫にそれを納めつつだ。喫煙者国民を依存性に陥れ、金を搾り、その上悪者呼ばわりもないものだ。だったら売るなである。
 未成年者云々の話もあるが、これだって個人差のある話なのだ。
 私が全く依存性にとらわれなかったように、ある程度からだのできた20歳未満だって、誰も彼もが健康被害を被るわけではない。いや正直言うと、高校生以上だと、老人に比べればたぶん害は弱い。先述の、自ら喫煙をコントロールしていたアスリート高校生のようなのもいる。
 行政ごときが、しかも売り手(正確には今は違うが)が、偉そうに指導だの規制だの片腹痛い。売っておいて健康に悪いとかよく言える。自分の手から完全に利権を手放し、違法化でもしてから麻薬のように取り締まってはどうか。

スポンサーサイト



ギョーザの話続

 ギョーザ中毒事件で、中国公安省が中国国内で冷凍ギョーザに殺虫剤が混入された可能性は極めて低いと発表した28日、輸入や販売にかかわった業者からは「原因究明されないと輸入再開はできない」などと戸惑いの声が相次いだ。

 子会社がギョーザを輸入した日本たばこ産業(JT)は「さらなる原因究明を望むという以外、何とも言えない」(IR広報部)と困惑。1月末の被害判明後、天洋食品からの輸入を中止したが、「JT」の名前が記載されているだけで店頭から撤去されるケースもあるという。

 売り上げも激減しており、同社は「原因が究明されない限り、天洋食品の製品を輸入することはあり得ない」と改めて強調した。


また曰く

 中国製ギョーザ中毒事件で、中国公安省が同国内での有機リン系殺虫剤「メタミドホス」混入の可能性は極めて低いと発表したことについて、警察庁幹部は「まったく理解できない」「科学的根拠を示してほしい」と話した。

 同庁は詳しい内容を確認するため、大使館などを通じた情報収集を急いでいる。 事件では警察庁の安藤隆春次長が25日に訪中し、同省幹部と早期解決に向けた連携強化で合意したばかり。同庁幹部は「連携もできるのか分からない。とにかく理解できない」と繰り返した。

 中国側が、日本の警察当局が被害現場の視察や物証確認に応じなかったのは遺憾とした点についても、「視察は捜査と解釈でき、主権侵害になるため認められない。物証は捜査状況の説明を受けた上で、必要性があれば外交ルートで提供すると伝えている」と首をかしげた。


 今回は中国もまだ話が通じそうだと思っていたが、結局これだ。いったいどういうつもりなのか。
 このまま幕引きすれば、天洋食品の製品が日本の食卓に上ることは二度とない。「中国製冷凍餃子」も厳しい。しばらくは中国製品全体に逆風が吹こう。
 自分たちの不利益になるということがわからないのか、向こうの官僚は自分の体面を保てば自国企業を潰しても国家に経済的損失を与えても立場を失わないのか……。

 こんな国と対等に話をせざるを得ないとは、悲しい限りだ。海外から見れば日本もこんなもんなのか? いや先日の反捕鯨豪州トップやこの化学調味料に脳を冒された中華官僚に比べれば、いくらなんでもましだと思うのだが……。

 一つ気になったのは視察の件だが、日本から天洋食品を見に行ったのは役人ではなくJTとかの関係者だけなのかな? そうでないと、言ってることが矛盾してしまうが。
 そこ以外は日本の警察が言ってることが全面的に正しい。向こうのやってることと言ってることは、ほとんど相手を納得させるという努力を放棄している。つまりコミュニケーション能力が欠落しているか、こちらを人間と思っていないかのいずれかだ。どっこい人間なのはこっちなのだが、犬や猿にはそれがわからない。

東芝のHD-DVD撤退とゴロツキマスコミ

 劣勢が報じられていた次世代DVD企画の、HD-DVDから東芝が撤退、これによりソニー陣営のBDが、次世代の標準となる方向が明確となった。停滞していたソフトの供給も活気づくだろう。ただ、「その次」にあっという間に食われる可能性もないではないが。

 これに関するゲンダイネットの記事。
 ゲンダイネットは嘘と間違った見解と悪口しか書かないメディアである。どんな内容でも悪口にする方針らしい。

 BDとHDの規格統一のチャンスはあった。05年春に両陣営は交渉をもったが、夏には決裂。この段階で、消費者に混乱が生じることは決まった。

「標準規格になれば、ライセンス収入や部品販売など得られる副産物が大きい。当時は、東芝のDVDレコーダーが売れていたので、東芝は次世代規格でもかなり自信を持っていた」(家電業界の著書が多い神戸大学大学院准教授・長田貴仁氏)

 メーカーの論理を消費者の不利益より優先したのだ。


 規格統一に失敗した原因は片側だけに求められるものではない。確かに圧倒的劣勢であれば、不利な条件を飲むべきなのはそちら側ではあるが。
 また一方、規格競争そのものは、技術革新にとって重要なもので、頭から標準化ありきでは科学技術は発展しない。そして膨大な技術者の努力と投資がなされた成果による競争では、そう簡単に譲れない。
 VHSとベータの規格競争は、デッキが当初大変高価なものであったことや、明らかにベータが市場で先行していたこと、技術面でベータの方が当初優れていたこと、松下が営業戦略で強引に状況を逆転したこと、などから、日本の消費者にとっては大変な混乱と損失を被る展開となった。

 だが、今HDメディアを欲しがるのはまだ、一般消費者ではなく、映像マニアと金持ちと、新しいもの好きだけだ。多くの消費者は様子見をしており、マニアは両方を買い、あるいは敗北のリスク覚悟で片方を支援しつつ買い、規格競争の行く末を楽しみにしていた。

 従って、今回のHD-DVD事実上の敗北により損をした消費者はほとんどいない。「覚悟もしていない不当な損」をした者はゼロ、賭けに負けたマニアがいるだけなのだ。

 ゲンダイネット、あとはライブドアの報道も見たが、それらはこの「事実」と乖離している。またもや愚かさと傲慢と無知を露呈したのである。

GID理由の就職内定取り消しは違法?

 性同一性障害(GID)による就職内定取り消しは違法として、男性として暮らす女性(33)が、広告デザイン会社「アドテクニカ」(静岡市駿河区)を相手に、慰謝料など約198万円の支払いを求めた損害賠償訴訟を静岡地裁に起こしていたことが分かった。

 訴えなどによると、女性はGIDを告げずに下村岳雄社長らと面談。昨年9月10日、「21日から勤務が決まった」と連絡があり、東京から市内に引っ越して、同20日に入社承諾書や性別が女性と記載されている年金手帳などを会社に提出した。

 同日中に、会社から性別の問い合わせがあり、女性がGIDについて説明すると、翌日に会社から電話があり、「身元保証書を代筆したり、性別詐称をする人は信頼できない」などとして、内定取り消しと引っ越し代などとして10万円の支払いを告げられた。

 女性の弁護人は「GIDと明かして就職活動をしても、現状では採用はまず無理。今回のようなケースが認められれば、GIDの人は生きる権利を奪われる」と批判。一方、下村社長は「性同一性障害だから取り消したのではない。身元保証人の署名を自分で書くなど、重要書類を偽造する人は信用できないと判断した」と話している。


 まあ書類偽造の件があるので、原告の主張が認められることはないだろう。
 いくら「GIDと明かして就職活動をしても、現状では採用はまず無理」であっても、そのことを隠して就職試験を受けるなど論外だ。
 たとえば生理学的に言って男性である人がそれを隠して女性として企業に入り、普通に女子便所や女子更衣室を使われた日にはたまったものではない。企業には性別ぐらいきちんと確かめる権利はある。
 違法に書類を整え、面接で嘘をかましておいてばれて内定を取り消されたら司法頼みとはどういう了見だろう。これは無理だ。

 しかしながら、現状戸籍上の性別を変更することは容易ではない。現在、性同一性障害は社会的認知も医学的研究も途上にあり、ようやく一種の疾病や障害として認知されつつあるところだ。そしてこの原告のように比較的どうどうと、生まれたときの生理学的な性(ああややこしい)と違った暮らしを送る当事者も増えてきている。
 この件ののようなのは過渡期的問題で、当事者の方々が「自分たちには当然かくかくしかじかの権利があるはずだ」と思えるようになった段階だからこそ出てくるものだ。昔ならひっそりとひっこんでるしかなかった。そもそもひたかくしにしているしかなかっただろう。多くのものを失う覚悟なしにはだ。今も根本は変わっていない。

 しかし将来、変わるか、変えるべきかも、疑問である。
 戸籍の問題は、もう少し改善すべきだ。生殖能力の問題(重要。男性と性交し妊娠する「男性」、女性を妊娠させられる「女性」などは、社会的にその性を与えるべきでない)、性転換の外科的な手術によるめざす性に近い外見の獲得を条件とすれば、長々と時間をかけず社会的な性を完全に逆転させてもよいと思う。そうなればすでにこれは障害ではない。
 障害が障害にとどまる以上、つまり女性でも男性でもなく、そのことが社会的に様々に問題になる以上、就職などに制限が生じるのはやむを得ない。盲人は車の免許を取れない。四肢麻痺の人は、引っ越し屋さんで働けない。知的障害の人に医師は勤まらないのだ。これらは差別ではない。

 そもそもデザインやアパレル業界だったら、正直にGID明かしても力があれば雇うところはけっこうありそうに思うが、世の中まだまだなのか……?
 



同じ空気を吸いたくない

 価値観があまりに違いすぎて、話が合わずにうんざりすることは、身近にもよくあることだ。
 しかしそういう場合に、頭から自分が正しいという前提で相手を見下す輩とは、同じ空気を吸いたくない。

 ロシアや中国のトップも大概だったが、最近は何といっても石油成金と反捕鯨の高踏的狂人どもである。

 オーストラリアの首脳が、親子鯨の捕獲映像を見て、「吐き気を催す」と表現した。
 子牛肉を食う、輸出する豪州人なら、子牛の屠殺にじっくりと立ち会って、血の臭いでも嗅いで見るがいい。個人差はあるが、百歩譲って鯨の捕獲映像と残虐さにおいて大差ない。
 完全なベジタリアンに「とても信じられない」と言われるならまだ納得するが、肉を食うくせにどこをどう誤魔化したらああいうセリフが吐けるのか全く理解できない。動物殺しよりやつらの顔を見ていると、こっちは吐き気の代わりにめまいがしそうだ。

 捕鯨の問題は海洋資源保護の観点からのみ語るべきだ。威力的に捕鯨を妨害するなどテロリストであって、その場でフカのエサにしてやればいいのだ。

 日本も、食ってる以上は「調査」と強弁せず、正当な捕鯨だとどうどうと看板をあげればいいし、資源保護の観点から疑問のある種からは、きちんと手を引くべきである。
 反捕鯨派は、抱えている学者も全く信用できない。捕鯨国のみで、政治的思惑を抜きにして精密で正確な分析をし、妥当な数をまっとうに捕獲すべきである。
 IWCはもう脱退でいい。全く話が通じない。信じられないほどだ。どう考えても、反捕鯨派は驕り高ぶったレイシストの塊であって、我々の言葉を猿語と考えている。そうでなければ、反捕鯨派の中からも、「かわいそう」「残酷」といった妄言に批判が出るはずなのだ。
 捕鯨国のみで行動すればいいのだ。公海において、誰も強権を発動できないのだから。

ギョーザその後

 2/1 まだ世間やマスコミ一般はこの事件を完璧に中国側の安全管理の問題と考え、町村も「安全に対する考え方に国家間で差があるとは考えたくないが」などとコメントしていた段階で、これは妙だという私見は述べておいた。

 予想通り、2chやゲンダイネットなどゴロツキメディアでは「自分からは謝らない中国」などという矮小ナショナリズムに基づく中国批判がわき上がり、しばらく後に事件の全貌がやや見えだした段階で、「日本のマスコミはいつ謝罪するのか」といった、中国側のネットワーカー間の反日的な論調が拡がった。いつもながら力が抜けるし情けないが、仕方がない。これも日本の民度の実情なのだ。

 「企業テロ的に誰かが恣意に」「どうやら中国側で」、毒物の混入を行ったという見方が、今強くなっている。

 毒物の混入量が尋常でなく、残留農薬やミスによっての混入の可能性はほとんどないこと、メタミドホスは日本ではほとんど流通していない、過去の使用歴さえない農薬であることなどが、その理由である。
 過去の事例にしがみついて先走った報道をした日本のマスコミの責任は重い。

 今回禁輸措置をはじめ中国側の対応は迅速で誠実なものであり、だいぶあの国も変わったと感じられる。もちろん利害が一致しているからではある。
 自らのチョンボと言いにくい事例の可能性もでてきたが、平謝りの上現在も奔走を強いられている日本企業は、見方に寄れば被害者側かもしれない。

 毒物よりも、もっとも大きな犠牲を生み出したのは、マスコミと群集心理である、といったことになるだろうか。反省のいい機会にしたい。

 ともかく今中国と利害は一致しているのだから、企業テロリズム
犯罪であるならあるで、真相究明と犯人の追及、そしてかつてない事例に対する対応、今後の防止策について、日中協力の上活路を見いだして欲しい。

 外野で実際の事件の進展から乖離して火花を散らしている暇な連中は、まず何より自分の中の毒を取り除く努力を優先すべきである。

橋下知事は妄言より行動にエネルギーを割け

 岩国市の米空母艦載機移転に関わる住民投票について、橋下知事が余計なことをしゃべってひんしゅくを買ったようだ。

 投票は2006年の話だというが、橋下はいったい、いつこれにいちゃもんをつけたのか。当選後だったら全くふざけた話であるが。

 住民投票自体については、もともと法的拘束力のない住民の意思表示であること。また、軍事は国政の問題であるが、軍事基地等の問題は、地元民とっては生活問題であること、等からこれを否定するのは民主主義の根幹を理解していない見解である。

 もともと橋下氏は弁護士なのに法律を理解していないか、あるいは軽視嘲笑しているところがある。
 このことと、核武装容認などの現実味のない浮ついたプチ右翼並みの軽はずみな妄言は、この男の最大の欠点で、どうしてもこいつだけは投票したくなかった大きな理由の一つだ。

 今彼がやるべきは、しがらみのなさと人気を背景に、いかなるブーイングにも負けず不当な利権をぶち壊し、無駄をそぎ落として生活者支援と中小企業振興に回すことである。
 芝生はどうでもいいが、給食の府下全公立校での実施や、子育て世代への給付金は、財源さえあれば実施可能で、目に見えて、実際に市民生活向上に繋がる公約である。

 他自治体の、しかも国家防衛に関わる話題なんか、今の橋下に何の関係もない。妄言を吐くのは、自分の仕事に専念して、せめて何か一つでも成し遂げてからにしてほしい。あなたはまだ何もしていない。

ギョーザ地獄

 中国産の冷凍餃子で体調壊す人続出ってことで。どうもメタミドホスなる日本ではもう禁止された農薬だか殺虫剤が原因らしく、死にかけて胃洗浄した人までいるようなのでしゃれになっていない。

 が、兵庫での家族三人被害のケースで、パッケージに穴が開けられていたという。
 「開いていた」か「開けられていた」かで大違いだが、人為的なもので、ミスでないなら国内でやられた可能性も出てくる。不特定を狙った殺人か中国産ないし特定企業を狙ったテロ、威力業務妨害である。

 いったいどの程度のパッケージからメタミドホスは検出されているのだろうか。
 日本で流通していない薬品であるし、複数のパッケージから検出されたなら、やはり中国において混入されたものだろうが、これが実は国内で、拡がってる被害が集団ヒステリーに過ぎなかったなら、中国だって黙っていない。大変な騒ぎになるだろうし初期段階でのいい加減な情報を流布した機関の責任も問われよう。

 まあ順当に中国側の責任だったとしても、大問題には違いないのだが。

プロフィール

Y.S.

Author:Y.S.
ネットを中心として活動する文章屋です。最近はiPhoneにはまってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
AD
AD

月別アーカイブ
ブログ内検索
カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

AD

AD
タグ

iPad iPhone 電子書籍 Kinoppy Android 映画 大泉洋 こんにゃくゼリー Annular YouTube eclipse パソコン iPhoneJailBreak 脱獄 BDZ-AT350S GV-MVP/XS2 動画 キャプチャボード iOS5.1.1 レイアウト 時事問題 ニュース 社会問題 小説 箱庭の虹 性同一性障害 同性婚 縦書き ミステリ 一太郎 ダウンロード EPUB3 金環日食 ハードボイルド 修理 "ULTRA WiFi" 中古 ホームボタン エヴァンゲリオン iPhone5 ジャンゴ タランティーノ テキストエディタ jota 加藤コミッショナー 統一球 レビュー プロ野球 ヱヴァンゲリヲン 生活保護 著作権保護 動画編集 コピーガード Blu-ray 地デジ ブルーレイ アプリ ダウンロード販売 TPP 消費税 自衛隊 教育 同人誌 選挙 iTextPad