FC2ブログ
文章屋Y.S.のよしなしごと日記、音楽映画書評など

トリックと著作権

 先日友人と話していたとき、話題が偶然ミステリの話になった。未読であるというので、島田荘司氏の「異邦の騎士」をつよくお勧めしておいた。

 最近、というかもう、数年前からになるが、日本ではミステリが、それも横溝正史ばりの古典的本格ミステリが、小ブームとなっている。
 少年向けには、「探偵少年コナン」や「金田一少年の事件簿」というトリック重視の(なんちゃって)本格ミステリを扱ったコミックが、相当なロングセラーとなっている。

 だが私は、これらのコミックを一度も読んだことがない。テレビで放映されているのをとばしとばし見た程度だ。
 というのも、本格ミステリのトリックというのは、もうだいぶ前に「出尽くした」と言われ、新鮮味のあるトリックを新たに創作するのは至難のわざ。そうであればこそ、綾辻行人氏の出現に驚喜した。あんなに本数を重ねて、面白く新しい話が描けるはずがないと考えたからだ。

 で、友人から聞き捨てならない話を聞いた。相当数、過去のミステリからのトリックのパクリがある。むしろ大半がそうかもしれないということである。
 過去の名作ミステリのトリックを焼き直し、再度自分なりに扱う試みというのは、有名な作家諸氏もやっていることだ。むしろ類型化が可能なほど繰り返し使われたトリックもあり、その中ではこの小説が一番扱いがうまい、とかの評価も生まれる。コナン・ドイルの「まだらの紐」のメイントリックはポーの「モルグ街の殺人」とほとんど同じだ。
 しかし大概の有名ミステリ作家のこれは、許せると思う。むしろまねをする作家は、読者も古典的トリックを知悉していることを前提とし、「ははあ、あのトリックをこうアレンジしたか」と読んでくれることを期待している。さらには過去の独創に対する愛やリスペクトがある。

 コミックの場合、小中学生の読者は過去の名作のトリックを知らないことを前提に、過去のトリックの価値にて作品を売っているところがないだろうか。
 まして、金田一少年の事件簿にあるという、島田荘司氏の「占星術殺人事件」のパクリは、許容範囲を大きく超え、ミステリに対するリスペクトであるどころか、冒涜であると考える。
 現役バリバリの作家の、最大の代表作のメイントリックを無断でほとんどそのまま持ってくるなどというのがありでは、一生懸命トリックや構想を練る作家はやっていられない。さらに読者からも、「占星術殺人事件」を新鮮な立場で楽しむ機会を奪ってしまう。

 これは犯罪であり、創作への冒涜である。このようなことをするコミックの原作者や出版社は、業界の風上にも置けないと言える。

 てなわけでできそこないのなんちゃってミステリを読む気も視聴する気も現在ない。そもそも、過去の名作と言われているもので、まだ読んでないものがけっこうあるはずだしな。

スポンサーサイト



亀田家騒動、いったんの終幕

 あのオヤジが引退するということで、まあ表面的には一番いいところに落ち着いた気がする。兄弟二人にボクシング辞めさせるのはもったいないし、かと言ってあのオヤジがからんでいてはどうにもならないだろうし。
 興毅は、意外と精神しっかりしてたんだな、と素直に思った。少なくともオヤジよりは。やっぱりプロボクサーの練習って大変なのかもしれない。
 横紙破りで金や栄誉をもぎとってきたオヤジは、まあ自分が間違っていたとは思っていないだろう。勝って勝って勝ち抜いて、急な逆風、今矢折れ刀尽きて負けたって感じだろう。それは正しいと思う。人それぞれの勝負の仕方ってものがある。

 本来、彼が戦う舞台は、プロボクシングの世界などに与えられるべきではなかった。彼にしてみれば、俺はここにいていいんじゃなかったのか、俺のやり方こそこの世界での新しい勝ち組ってやつじゃなかったのかと、いきなりの逆風に驚いているかもしれない。

 ボクシングの業界やマスコミが、最大のガンだった。タレントが演技の上でガラが悪いとか高飛車だとかいう次元ではなく、実際の試合上、マッチメイク、判定などに横紙破りやインチキがまかり通る様を、延々と垂れ流してもてはやし続けたのだ。
 亀田オヤジは金を得たので犠牲者とは言えないし、同情に値する人間でもないが、一種の道具、人形、商品として利用され捨てられたものと言える(このままいけばだが)。

 今回の騒動に関してはいつもにも増してあまりにもわかりやすく、嘘やいかさま、腐った人間の正体が露悪的にビカビカと光る白日のもとに晒され続けた。子どもにもわかるように。純粋な子どももびっくりってところだ。
 アナウンサーはもちろん、鬼塚とか赤井とか、元ボクサーのくせに実際の試合進行と完全に乖離した実況と解説を垂れ流し続けた連中。二日ぐらいで180度態度を変えて、変えたことすら忘れているらしい都合のいい頭のテリー伊藤。テレビ局、週刊誌はいわずもがな。ばれてないと思ったら大間違いで、これでまたもしかしたら多少あったかもしれない「信用」ががくっと下がったんじゃないかな。



続きを読む

値段の決め手はラベル-相次ぐ食品偽装ニュース-

 赤福餅っていえば、小学時代の修学旅行先の伊勢での定番おみやげで、二十年も三十年も前から「巻き直し」をしていたとすれば、自分の土産もそうだったかと思う。長らく食べてはいないが、味も好きだった。

 製造年月日と、賞味期限の設定はとても微妙だが、買う人が賞味期限切れをいいよ食えるからと買うのと、味落ちてないんだからいいじじゃないか少しぐらい誤魔化してもと製造元が言うのとは根本的に違う。赤福は値段上げて鮮度品質を重視してもやれたブランドであるはずだけに、極めて悪質と言えると思う。

 同時期に比内地鶏に関するブランド偽装。買い付け時
(つまり材料費だが)廃鶏(ひどい表現だ)一羽20円に対し比内地鶏は1000円以上というのだから、ラベルで嘘をつくだけでぼろ儲け、錬金術の世界だ。

ところで。
 先日のソバはお粗末過ぎて味の面でだいぶ苦情が来ていたようだが、大半の偽装は味や品質の面でバレたのではない。
 地鶏も廃鶏も、ロシア産も中国産も国産も、天然も養殖も、舌で味の違いがわかる人はほとんどいないということだ。自分の体験から言っても、刺身、野菜など生のものの品質の違いはかなりてきめんにわかるが、加工品になるとなかなかわからない。アミノ酸と保存料漬けになった商品に、高級ブランドなどほとんど無意味だと思う。少なくとも食通になる余裕などない我々庶民には、だが。

 実際に味がわかって、差を確かめた上ならわかるが、ただ有名ブランドだというだけで一般品の数倍、数十倍、時には数百倍の金を出す日本人のブランド信仰も、この際、少し反省した方がいい。

 錬金術が成り立つからモラルの低い生産者が誘惑された。いつまで経ってもばれないから、常態化した。まじめに働くのがばかばかしくなったのだ。
 消費者が市場を育てるということがある。固有名詞に踊らされる消費単位から日本人は脱皮すべきだ。

加古川女児殺害事件の報道

 加古川で小さな女の子が何者かに刺殺されて、かなり大きなニュースになっている。
 当日の報道では、防犯モデル地区で比較的地域のつながりも強いかのような報道がされていたのに、今日になって住民証言による不審者情報が続出していたのには呆れた。
 大半が、マスコミが無理に引き出したもので、いつの話だ、猫の虐待がこの事件に少しでも関係のある可能性があるのか、とうんざりさせられてしまう。傷だらけの猫の話なんか今回の事件解決には何の足しにもならない。それ聞いてどうしようっていうんだ。それをやってる人物を見たのならまだわかるが。
 事件解決が長引くと煽りが煽りを生んで集団ヒステリー状態になり、役に立たない幻覚か十年前の話かというような証言ばかりが集まって、捜査陣を困惑させることになりかねない。

 報道されている範囲で、事件に関係がありそうなのは事件発生直近の二、三の目撃証言と、もしかすると、で言えば二十キロ離れたところであったという女児刺殺事件、傷害事件だ。他は関係あったとしてもとりあえず捜査の足しにはならず、あとでやはりあれが、くらいのことだろう。

 わずかな情報から、どうもひっかかっているのだが、通り魔的事件ではなく、どうもピンポイントで被害者を狙ったということからも、疑わしい人が一人いるような気がするのだが……。少女を標的にする場合で、ピンポイントだとすれば、それはストーカー的に彼女に惹かれていた顔見知り、少女自身が恨みを買っても、同級生が彼女を刺すということはないので、例えば級友の親、または身内、つまりほぼ親に、恨みのある人物ということになる。いかに個人の日記的ブログといっても無責任すぎるので、この先は知人に話すだけにしたい。

自殺サイトとアノミー

 先日、「自殺サイト」の主催者が、自殺願望を持つ女性を、二十万の報酬を得て殺害した罪で逮捕されたようだ。

 この人、借金があったようで、二十万とはいえ報酬をもらったことで、自殺幇助ではなく嘱託殺人罪が適用される。ようは殺し屋のまねごとをしたということだ。
 睡眠薬や向精神病薬の類を、「死ねる薬」として売ってもいたらしい。そういえばこの人のHN、その手の薬剤名のもじりだったような。

 自殺サイトについては、数年前にも集団自殺を誘発したことでだいぶ話題になった。

 ただこの手の事件を、インターネットの存在に主因を求め、その規制に対策を求めるようでは、問題の本質を見誤る。
 電話にQ2問題があった。その前はゲームが、さらに前はテレビの存在が、「有害」な存在としてクローズアップされている。もちろんそれぞれのメディアに固有の問題はあるが、これは裏をかえせば、何を規制しようと新しい「有害媒体」は出現し続ける、耐性菌のようなものであって、規制には絶対的な力はない。そもそも人に利便性や豊かさをもたらすものとして新しいメディア、空間を創造したのであるなら、メリットをいかに享受し、害から身を遠ざけるかは、個々人の問題であって、未成年については教育の問題であるといえる。規制はナンセンスだ。

 「自殺」というキーワードからは、「アノミー」という言葉を連想した。実際自殺サイトの存在、隆盛の深層を読み解くには、アノミーという概念はなかなか役に立つ。

 100年も前に、社会学者デュルケームが提唱した「アノミー」という概念は、社会の無秩序状態を指している。アノミー的自殺は、孤独や焦燥などよりも、「自由」「無秩序」がもたらす虚無から自殺するというものである。不況期よりも好景気のほうが自殺率が高まる。

 社会の規制や規則が緩んだ状態においては、個人が必ずしも自由になるとは限らず、かえって不安定な状況に陥ることを指す。規制や規則が緩むことは、必ずしも社会にとってよいことではないと言える。(Wikipediaより抜粋)
 ……とするなら、やっぱり規制じゃないか、となりそうだが、違う。



続きを読む

一応ボクシング見た

 亀田必敗と思ってたので見た。
 最低の内容。でも亀田負けたからいいか。反則ひどいと思っていたが、案の定あとで騒ぎになっていたようだ。

 格闘技において(特にそれの勝利が貧困からの脱出に繋がるような国の選手において)は、レフェリーにわからない反則は、戦術のうちではある。
 それでも稚拙な反則を、試合中では内藤の方にしか取ってない審判はどうよ? 内藤は手数は多いが有効打は少ないとかピントはずれなことほざいてた解説はどうよ? 赤井と鬼塚だったかな? ほんま死ね。

 で、あとでニュースで見たところでは、明らかに反則の指示してるな興毅とオヤジ。試合前にも例によって相手に暴言吐いてた。
 我が子をサーカスに売り飛ばして酷使してシノギにするような屑男の茶番を、いつまでも電波に乗せて振りまくなテレビ局。
 ただこの時点で抹殺しただけでは、あのオヤジある種勝ち逃げなんだよな。何年かして行き場なくなった息子に殴り殺されたらなかなかいいオチだろうけど。
 あ、その前に切腹するんだったな大毅君。オヤジと興毅は介錯してやって殺人罪で逮捕でどうよ。

そうめんの産地偽装 スゴイ開き直り

 中国産のそうめんを「三輪山本舗」なるラベルを貼って売ってた卸業者(?)のおっさんが逮捕された。

 驚いたのは、この人テレビに思い切り顔が映ってるのにカメラの前で大声で「迷惑や来年うれんようになったらどないしてくれるねん」「これは三輪そうめんやない三輪本舗のそうめんや、三輪山本舗は屋号や」「手延べと違って機械麺には産地表示の義務はない」などと延々まくしてているのだ。

 この程度の産地偽装は今に始まったことではないしそこらじゅうでやられてきたが、大概は露天商だろう。店舗構えてこう露骨なのはあまり見たことがないし、今にも警察に呼び出されそうなときにここまで「どうどう」としてるのも初めて見た。「盗っ人猛々しい」って言葉があまりにぴったり。一周回って笑えてくるが。

 ……にしてもまたなんか関西弁のイメージが悪くなりそうなニュースだ。

やっぱり出てきた言いがかり/相撲部屋暴行

 武蔵川部屋の弟子の一人が、傷害か何かで訴えられたらしい。
 竹箒で腕殴ったとか、全治二週間とか。

 診断書とったことある人はわかると思うけど、打撲で全治二週間なんてケガのうちに入らない。鴨居に頭ぶつけてこぶつくってもこのくらいにはなる。

 ヤクザが交通事故の保険金取るために詐称できるレベルのケガ。

 格闘技の稽古をやる場であれば、常にみんなこのくらいのケガはしているわけであって、これは機に乗じた完全な言いがかりである。今ならいくらか金が取れるか、むかついた昔の兄弟子に復讐できるかとでも思ったのだろう。

 それでも警察は受け付けなきゃならんし、いろいろ大変。それこそ、気を遣いすぎてまともな稽古ができなくなりそう。大相撲は全く自業自得なんだけどね。だからこそ時津風部屋が、罪深いわけで。

桝添だめだな

 最近の桝添厚労相。何も悪さしてない自治体を侮辱しておいて、国から金もらわないでやっていけるようになってから文句言えとか、田舎企業のワンマン社長みたいな言い分。勘違いも甚だしい。

 市町村職員の年金納付金横領については、19万とか30万とかいうケースに、いちいち刑事告発してもコストだけ無駄だ。懲戒免職が個人にとってどれだけ重い処分かわかっているのか。今再就職してるこの職員が刑事告発されることによって被る痛みを感じる感性はないのか。もしかしたらまた解雇されるかもしれない。だったらあのときいっぺんにやってくれと当事者は言いたいだろう。自治体が上からの指導に逆らったのは当然である。
 ただし、どうも停職のみで終わってるケースがあるようだから、それだけは告発か退職金の全額返還にもっていった方がいい。

 年金については今の腐ったシステムで莫大な利権をぬくぬくと吸い取って退職した手の届かない「大悪」の人間がかなりいる。せめて彼らの個人名でも晒してみたらどうなのか。

 言葉だけのインパクト、小悪を斬り大悪に手の届かないことから衆目をそらし、仕事ができているふりをする。残念ながら口が達者なだけで桝添厚労相は全くの無能だった。

有機ELテレビ XEL-1

 噂には聞いていたけど、思ったより早い一般商品化。11インチで20万円はまだ好事家向けの値段という気はするし、ハイビジョンが盛り上がってる今全体に仕様は中途半端だが、この薄さは相当なインパクトだ。パネルそのものは3mm以下しかなく、バックライトもいらないので、フチの強度を確保すれば、パネルの厚みだけで実際いけるみたいだ。

 ファンやバックライトの類が後ろにある今の液晶やプラズマのテレビは、薄いと言っても実際に「壁に掛ける」ような代物ではない。放熱の面からも後ろにスペースが必要だ。
 この有機ELだと、ホテルなんかで壁にテレビがピッタリ貼りついたような構図とか、額縁みたいに細いチェーンでぶら下げるとか、SFめいたことがまた一つ実現しそう。ノートパソコンや携帯のさらなる軽量化薄型化低消費電力化は、たぶん技術的にはすでにクリアした領域だろう。

 とりあえず手の届く商品ではないが、モノを見に電気屋に行きたくなる、久々の商品かもしれない。

時津風部屋の暴行傷害致死事件(続

 先の記事で書いたことはずいぶん控え目だったと思えるほど、出てくる情報はひどい。何というか、不快感が抑えがたい。

 的を射てるかどうかわからないが、私は、もうずいぶん昔のことになった戸塚ヨットスクール事件や、似たような青少年矯正を看板にした施設のコンテナで中学生ぐらいの男女が手錠されて熱中症か脱水で死んだ事件。

 いずれも「スパルタ」を標榜して、独善的(独裁的)な運営者の手で組まれた狂ったシステムの中で、若い命が失われている。
 また、子ども達は親の手に負えず、従って半ば親から捨てられたようなドロップアウターであった点も共通している。十四、五くらいまでは手に負えない状態も親の責任が九割だろう。
 得体の知れない人物の手に子どもを丸投げし状態も確認しないのは、捨てたも同じ。死んだ子らは、親と狂った施設との共犯で殺されたと言っていい。

 ドロップアウトした子どもの命は、そんなにも軽いものなのだろうか。人を殺した少年の話ではない。家で暴れてものを壊すとか、引きこもって誰とも接さないとか、それだけのことが、命の価値を軽くするというのか。一時期頻繁にテレビに出てしゃべりまくっていた戸塚宏という狂人の顔が、不愉快でたまらなかったのは、そういうことを感じていたからだ。この男に生きている価値があるのかどうかということを。

 ただ今回の場合、相撲部屋に子どもを預けた親をこれらのケースと同様に非難することはできない。いくらなんでも相撲部屋が、戸塚ヨットみたいな施設だとは思わないだろうし、亡くなった少年の親は子どもを「捨てた」とはとても言えない。逃げの姿勢はあったかもしれないが。

 何が悲しいと言って、その大相撲の名門の相撲部屋が、今報道されている内容からすれば、戸塚ヨットスクールあたりと大差なかったいうことだ。
 今このタイミングで笑顔をカメラでとらえられてしまうような、常識を逸脱したあの不愉快な親方の、個人的犯罪であってほしい。これが大相撲の相撲部屋全体から浮き上がらない、そう特殊でないケースだとしたら、本当に残念だ。やるせない。

プロフィール

Y.S.

Author:Y.S.
ネットを中心として活動する文章屋です。最近はiPhoneにはまってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
AD
AD

月別アーカイブ
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

AD

AD
タグ

iPad iPhone 電子書籍 Kinoppy Android 映画 大泉洋 こんにゃくゼリー Annular YouTube eclipse パソコン iPhoneJailBreak 脱獄 BDZ-AT350S GV-MVP/XS2 動画 キャプチャボード iOS5.1.1 レイアウト 時事問題 ニュース 社会問題 小説 箱庭の虹 性同一性障害 同性婚 縦書き ミステリ 一太郎 ダウンロード EPUB3 金環日食 ハードボイルド 修理 "ULTRA WiFi" 中古 ホームボタン エヴァンゲリオン iPhone5 ジャンゴ タランティーノ テキストエディタ jota 加藤コミッショナー 統一球 レビュー プロ野球 ヱヴァンゲリヲン 生活保護 著作権保護 動画編集 コピーガード Blu-ray 地デジ ブルーレイ アプリ ダウンロード販売 TPP 消費税 自衛隊 教育 同人誌 選挙 iTextPad