FC2ブログ
文章屋Y.S.のよしなしごと日記、音楽映画書評など

NHKの受信料

 前も何か書いた気がするが、これについては私もいろいろ考えが変遷してきているので……。

 ここでは、NHKの位置づけや、受信料を払うべきなのか、払わなきゃいけないのかどうかとかについて述べる。だから私はこうしているとかいうことには触れない。

 NHKは「公共放送」であるという。国営放送ではない。ここがまず微妙だ。公共、という言葉の響きから考えて、緊急時の国民の安全、平時の知性や教養の涵養、所得、生活場所に関わらずあまねく得られる娯楽の提供、あたりを行うものであれば、素敵だ。
 しかしこう考えると、これは税金でやるべきものではないかと感じる。それなら払うの払わないのという選択の余地はないが、そもそも納税の義務が生じない低所得世帯には受信料納付義務が発生しない。
 が、ここで問題。テレビ受信環境のない者に、この負担を負わせるべきか。私は実際、共同受信でなければNHKの受信ができない地域に住んでいたことがあるし、近所には(テレビがあっても)電波の入らない環境の人がけっこういた。
 やはり否だろう。今の受信料は、テレビの受信環境のない者には受信契約自体結びようがないから、支払の義務もない。

 このような、実質が税金そのものあるいは税金に近い、「受益者負担」の、国や地方への納付金は、日本にはけっこうある。自動車の重量税や、健康保険の類などだ。

 これらの納付金制度にも問題はあるが、「受益者負担」のスタンスははっきりしているし、健康保険は、得られるサービスが同じでも、所得によってほとんど無段階に負担が変わる。

 それに比べ、NHKの受信料は(私の知る限り)払うか払わなくてよいかの二種類しかない。しかも、所得が低くて源泉徴収された額が全部戻ってくる世帯でも払わなくてはいけない。おそらく払わなくていいのは生活保護世帯だけではないか。

 かてて加えて、その放送内容の「公共性」はどうか。だいたい政治をニュースで扱って中立や公共が成り立ちうるのか。もし「健康で文化的な最低限度の生活」に関わるほどの公共サービスであるなら、テレビは無償で配るべきではないか。実際、特定の地方公共団体は、「防災無線」を無料で全戸に配っている。

 私は、やはりNHKの受信料は税金でまかなうべきだと思う。重量税的な受益者負担の発想では、それは公共放送ではないが、そうするなら、もっと支払額には所得に応じた差がつけられるべきだし、免除申請できる世帯には、所得税が実質ゼロのような家庭は確実に含まれるべきだ。

 でなければ公共放送の看板を下ろし、国経営の有料放送として、スクランブルでもかけて、確実に受益者からのみ金を取る。

 金の集め方も、放送局としてのスタンスもあやふや。当然払うべき税金を滞納しているようなNHKの言い分に乗せられてはいけない。あれは彼らの言い分であって、正義ではない。法的にも、十分争う余地があろう。

 ところで、放送を実際見ていれば受信契約に合意したと見なされるのは当然だ。しかし線を引っ張ってHNKが入るから契約しろというのは、はっきり言ってあり得ない言い分だ。いわば、押し売りである。
 余談だが実際見ているかどうかなどは全く問題ではない。個人の良識と金の問題は全く別だ。ズルをして見ているから、払わなくちゃならないというのは、客人にチクられた時くらいだろう。
 テレビ買って線を引っ張ったら契約成立、については、たとえ放送法に何が書いてあろうと、おかしい。放送法自体が違憲ってところだ。

 それから、近所の顔なじみな人を使って休日に訪問集金するとか、どうしても戸を開けざるを得ない郵便局の人を使うとかは、やめんか。
 押し売りより、たちが悪い。


スポンサーサイト



今時大学生の学力低下とゆとり教育は無関係:立花隆氏のたわけたコラム

 立花隆氏が、コラムでゆとり教育のせいで東大生の学力が下がった、日本人の知力崩壊だなどと、あまりにしつこく、ちょっと頭に来たので私感をここに述べておく。
 東大生の日常的な理数感覚や、あり得ない社会常識の欠如の実例を挙げ、立花氏は信じられないような彼らの知的破綻を嘆く。そのことについては、異論はない。じっさいひどいのだろう。氏が誇張するとも思えない。
 しかし、それとゆとり教育を結びつける氏の理論は、牽強付会だ。時期的な一致しか根拠がない。
 そもそも、昔から義務教育がどうあろうと、東大生の学力とは何の関係もない。一斉授業の初等教育のレベルいかんで、トップの学力など決まるものか。あそこに入るのは教科書なんか一度読めば頭に入る面々ばかり……なんでしょ? 強いて言えば、才能のあるものもないものも、あまねく読み書きを落ち着いた環境で学べる、小学校の一、二年生の学習環境の充実。これは才能あるものをみすみす学びの場から疎外するリスクを、低減させ、国家的な損失を防御するだろう。そしてこのレベルの学習内容は、30年以上大きくは変わっていない。生活科が入ったといっても、国語算数の膨大な時数は、確保されている。
 大きく変わったのは小学校高学年から中学校だろう。確かに学習内容の削減の仕方がまずく、学力低下を招きかねない。時数が減ったことより、削減の仕方に問題があるのだ。しかし、これによって大きな影響を受けるのは、中程度以下の学力の者で、トップには関係ない。
 小学校五年ともなれば、特異な才能の持ち主はすでに頭角を現している。才能を活かすには、一斉授業のレベルを上げても無意味だ。大衆がついてこられるレベルの授業で、次代の産業を牽引する知が育つはずがあるか? 飛び級を取り入れたり、大学が門戸を開き、彼らを育てるしかあるまい。「義務」の授業のコマ数なんか、減った方がいいくらいだ。
 ゆとり教育は、底辺を底上げし、学びからこぼれおちる子どもを減らすために取り入れられた。一面では成功しているが、大幅な調整を必要としていると、私は考える。知的エリートの問題には関係ない。
 今の大学生の社会的関心のなさや知的崩壊は、心の問題に起因していると私は考える。立身出世にどれほどの意味があるか? 今の社会は魅力的か? 世間は、大人は、知性を評価しているか? 努力を評価しているか?
 物質的にすでに満たされ、過剰な情報に溺れ、荒波を超えた先に、大して魅力のある未来があるとも思えぬ。勉強に限らず、せっせと努力して力をつけたいと思う、根源的なエネルギーが、しぼむ要因だらけだ。
 これは教育制度とかいうちまちました事柄より、よっぽど大きな問題で、それこそ「文明の行くつく果ての滅び」をイメージさせる。
 子どもを競争に駆り立て心を切り刻んだ学歴社会は問題。だが、競争する意欲もない子どもは幸せだろうか? これには、私はにわかに結論は出せないが……。

 さて、話を戻し、もう一点二点、抱える学生の知的崩壊を嘆く立花氏や、東大の教授さん方を揶揄しておく。
 文系の学生だろうと、ろくに二次方程式の解けない学生が目の前にいる。理系の学生だろうと、意味不明の文章を書く学生がいる。アメリカの首都がわからない大学生がいる。
 誰が彼らを選抜したのか。新中一が分数ができないのを嘆く公立教師ではないぞ。選んだのは誰だ? ろくにまっとうな知的水準を持った学生を選抜できない大学入試。そのくさった入試があるから、高等学校の教育内容が歪むのだ。「トップの学力」を歪めているA級戦犯は東大そのものだ。入ってくる学生が悪いのではない。
 また、世界の情報産業のトップの例として、グーグルによるプログラムコンテスト入賞者へのリクルート活動を、立花氏は挙げている。東大の学生チームも引き抜かれるらしい。優秀な日本人の人材は外資系に持って行かれて、日本の情報産業の未来は暗いという。
 ……日本人にも優秀な人材、いるんじゃねえか。まあ中国やアメリカに比べるとダメだというが。
 日本企業に人材が不足している原因のうち、外資系に人を持って行かれるのは、日本企業自体の責任であって、教育制度や、そもそも日本の「知」が崩壊しているせいではない。素晴らしい労働環境を整えて、中国人やアメリカ人をも雇えばいいではないか。だいたい、優秀な人ほど過労死に近いと感じるから、努力して偉くなりたいとも思わない若者が多く、賢い人はみんな目立たないようにしているのかもしれないぞ。おお、なるほど、日本の知の崩壊は日本の企業風土のせいだ。

P.S. ここで触れてるコラムは立花隆のメディアソシオポリティクス101回

攻殻機動隊 Solid State Society

 宅配レンタルって人気作かつ販売に力入れてるソフトは枚数を持っていないらしく、順番が回ってくるのにえらく時間がかったのですよ。

 やっと観た。攻殻は漫画も含めていずれ詳細に何か書きたいと思っているのだが、まずは観たばかりのこれを、忘れないうちに。何しろ難解な部分が多いので。

【なるべくネタバレを避けた内容】
 草薙素子の去った公安九課は、トグサをリーダーとして、テロリストを追うが、国内で追うテロリストのことごとくが、次々に自決する。やがて他人の電脳をたやすくハックし、自在に操る「傀儡まわし」なるハッカーの存在が浮かび上がる。そして明らかになる大量の子どもの誘拐事件。謎の言葉「Solid Stateに近づくな」。傀儡まわしの正体ははたして素子なのか? 以下は観てもらった方がいいな。

【感想とか批評】(ネタバレを含む)
 Solid Stateはブログを散見するととんちんかんな解釈をしている人がいるが、半導体素子(トランジスタなど)を指すと考えるのが普通だ。これは草薙「素子」の暗喩だ。半導体は、ネットや情報などの形のないものに対する物理的存在であり、なおかつ目に見えぬ情報、電子、電波などと不可分であるもの、を意味するのかも知れない。ぜんまい仕掛けに対しては、電子回路こそ対義語であったのに、今はもうそれ自体が古びて馴染みやすいものを象徴する。
 またSolidは「信頼に足る」「中身が充実して空虚でない」などという意味も持っている。Stateは国以外に「威厳」「堂々たるあり様」などを意味する。
 本作には児童虐待や孤独な貴腐老人(結婚せず子も作らず孤独に死んでいく一人暮らしの老人。全自動老人介護システムで保護、管理され、貴腐葡萄のようにひからびて死んでいく)など、現代社会の病理が物語に取り込まれている。ことに老人問題は少し先を行っていると言ってもいい。今の孤独死は核家族化によるもので、結婚をせず子孫を作らず、というタイプは主流ではないが、私のような世代が70、80にでもなる頃、もしかすると主流になるかもしれない。
 虐待する親の元で、みすみす死なせることが、本人のためになるか。また国や社会にとっても、あたたかなまともな保護のもと十分な教育を受けさせれば未来を切り拓ける戦力となるであろう素材の、重大な損失ではないのか。
 社会に何をなしたと思えるほどの自覚もなく、何をしてもらったかという感謝もなく死んでいく人たちは、自分がこの世に存在した証を、孤独の中で希求しているのではないのか。
 社会は疲弊し、個人のポイントは低下の一途をたどる。救済や希望はないのか。Solid Stateの行動は、その問いにスタートする。 

 バックボーンのテーマは以上だ。劇場版二作目の「イノセンス」は、今さら人工のものの、血の温かみや「こころ」から乖離する不安という古く切れ味に欠けるテーマを扱っていたが、本作のテーマは抽象化すれば個の存在意義であって、それを攻殻の世界観の中でうまくこなしていると思う。
 原作漫画は、未来社会のさまざまなテクノロジーの発展を、肯定的にとらえ、生まれてあるがままの人間の姿からいかに遠のこうとも、自らのポイントの向上、スリルと冒険、人知の及ぶ高みへの挑戦を試みる草薙素子を描く。そこには否定や破滅、絶望は存在しない。むしろ逆だ。無論途中で未来社会ならではのぞっとするような暗部や、ブラックユーモアも描かれ、しかも一部は「そういうもんでしょ」的な描かれ方をしている。
 聖庶民救済センターの悪事(漫画とSSSは名前だけ一緒で中身は別)の犠牲者だった孤児に「助けてにきてくれたんですね」と涙ながらに言われた素子は、「ギム(種)をまかずにフクシ(実)を食べる気か」みたいなセリフを吐く。好きなんだけど、ありえねえ(笑)。一般向けのテレビ放送などには向かない。
 でまあ、世界観やアクションのクールさをそのままに、テーマはベタな人情ドラマに、巨悪をあばくスパイものや刑事物の要素を持ち込んだのが、SACシリーズだ(ここで「人間」トグサを主役級にした意味が出てくるワケだ)。映画第一作ははまた違ったアプローチをしているのだが、これはここでは語りきれない。
 
 イノセンスはお呼びじゃないにしても、SACシリーズと漫画は、それぞれに十分ハイレベルな作品だ。私は今回のSSSも好きである。SAC2の素子のウエットさが気にくわなかった私にも、今回の素子の、クールな態度に秘めた青臭い正義感や、戸惑いや悩み、限界を感じている描写は、なかなか好きだ。それがSACシリーズの中で素子が出会った人々との関係に根ざしている、というのも、ラストの味わいを増している。
 アクションやビジュアルは、もう見慣れてしまって新味や驚きはない。しかし派手だとか描き込まれていることは、もはやポイントではない。見せ方のセンス、テンポなどが問題だ。その点ではやはり相当なレベルで、ハリウッドの(実写活劇の)成功作に全くひけをとらない。いやもう、あれが上だというの自体、固定観念か。全員集合で突入からの、展開、アクション、セリフまわし。圧巻である。あと、サイトーとテロリストの遠距離射撃対決も、見どころ。
 
 ちょっぴり惜しかったのは、展開上やむを得ないとは言え、当の素子とタチコマの出番が少なめだったことかな。でもこれたぶん、SAC3への伏線じゃないかと思うんだが。

プロフィール

Y.S.

Author:Y.S.
ネットを中心として活動する文章屋です。最近はiPhoneにはまってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
AD
AD

月別アーカイブ
ブログ内検索
カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

AD

AD
タグ

iPad iPhone 電子書籍 Kinoppy Android 映画 大泉洋 こんにゃくゼリー Annular YouTube eclipse パソコン iPhoneJailBreak 脱獄 BDZ-AT350S GV-MVP/XS2 動画 キャプチャボード iOS5.1.1 レイアウト 時事問題 ニュース 社会問題 小説 箱庭の虹 性同一性障害 同性婚 縦書き ミステリ 一太郎 ダウンロード EPUB3 金環日食 ハードボイルド 修理 "ULTRA WiFi" 中古 ホームボタン エヴァンゲリオン iPhone5 ジャンゴ タランティーノ テキストエディタ jota 加藤コミッショナー 統一球 レビュー プロ野球 ヱヴァンゲリヲン 生活保護 著作権保護 動画編集 コピーガード Blu-ray 地デジ ブルーレイ アプリ ダウンロード販売 TPP 消費税 自衛隊 教育 同人誌 選挙 iTextPad