FC2ブログ
文章屋Y.S.のよしなしごと日記、音楽映画書評など

日本の核武装論議

 政治ネタばっかり書く気はないと言いつつ最近こんなのばっかりだが。

 少し前だが自民党トップの何人かの議員が「日本の核武装」の可能性に言及したという記事をちらっと見て、最近何人かの友人と遊んだとき、それに賛成するという人もいたので、私は私の意見を述べた。無論遊びの席のたわごとだから、熱くなって真剣に議論したわけでもないし、それほどの見識も私にはない。

 議員の述べた見解の文脈がはっきりしないが、「可能性」というなら、議論の余地はある。しかし当面実現の可能性はない。現在の国際秩序から見て、あり得ない。「日本の核武装」は、「日本の軍備放棄」と同じくらい現実味のないファンタジーだ。

 自衛隊だろうが軍隊だろうが、大勢の人間を殺せる武装を持つ以上、核兵器だけが特別ということはない。もしモスト・ストロングな兵器を持つことが、国民の負担を軽減し、平和維持のために貢献するとすれば、これは検討に値する。
 しかし現実には、強力な兵器を持つことだけで平和の維持や国民の生命を守ることはできないことは明らかだ。北朝鮮は核武装を表明することで、より平和な国たり得るか? 国民の生命とか言い出すとあれなので、現状の国体維持に寄与するか考えるだけでもいい。あの危険な火遊びがあの国にプラスになるか。米国はともかく中国の態度を見るがいい。
 あんな小さな国は参考にならないと? では米国はどうか? テロで何人死んだ? イラクでどれだけの米国兵士が死に続けているか、殺し続けているか? 日本を振り返って比べてどうか?
 
 現実に日本が核武装を表明したら、何より米国にとって日本は「最強の仮想敵国」となる。経済のトライアングル、米、日、ユーロの二頂点が敵対する。日本の平和のみならず、これが世界にどんな不幸をもたらすか、口の軽い議員らは考えたことがあるのか。
 北朝鮮がいくら虚勢を張っても日本を潰すことはできないが、米国にはできる。核武装まで言い出すなら多少の経済的ダメージに目をつぶってでも米国を頂点とする世界が「日本包囲網」をつくり、60年前のように日本が世界の孤児になってしまう可能性が高い。
 外交や貿易のことを考えず武力だけで国体、繁栄が維持できるなど虚妄だ。技術力や知的財産は、武器よりも強い。よほどの無茶をしない限り、世界は日本を失いたくはないのが本音のはずだ(金のためだけだとしてもね)。今の日本の現状で、核武装のような危険なカードを切るメリットなどどこにもない。

 庶民的感情として、弱腰外交や、アメリカの武力の傘の下の平和に、情けなさを感じ、自国の力で自分の国くらい守りたいというのはわかる。しかし、国会議員はそのレベルでものを言っていいポジションではないはずだ。まさか本気じゃないだろうな、とびびらざるを得ないのが最近の日本の政情のこわいところだ。

スポンサーサイト



ポルシェに乗った休職者

とりあえずニュース記事をコピペ。リンクだといずれ消えるので。

新聞各紙の報道によれば、男性職員は05年12月下旬に約2年ぶりに出勤し、以後1日も出勤していない。06年は2~8月までに計4回、別の病名の診断書を提出し、病気休暇扱いを受けている。同市の規則では、一つの病名で90日間の病気休暇を認めており、給料は満額支給されているのだという。しかし、06年10月20日の奈良新聞や共同通信によると、「この職員が頻繁に市の建設部などに出入りしていたほか、部落解放同盟奈良市支部協議会副議長として、部課長らとのセクション別交渉や担当課との協議など、公式の場にたびたび出席していたことが分かった」という報道があり、男性職員は実は元気で、ほかの仕事をしていたことになる。
しかも、高級外車の所有が目撃されている。J-CASTニュースが奈良市役所人事課に聞いたところ、担当者は、「休職中に市役所に白いポルシェで来ていたのを何人もの職員が見ています」と証言した。

 このニュース、「畜生公務員になりゃよかったよ」「税金泥棒!」などといった市民のリアクションとともに報道されているが、問題の本質はそこではない。
 彼の給与や手当の支給のされ方は紙の上のルール上問題はなく、制度自体は病気で休んだ人間の身分と生活を守るためのもので、正当だ。公務員は巨額の共済掛け金を払っているので、その分福祉も充実している。それ自体がうらやましいと言うならなりゃよかったじゃなく公務員になればいいのだ。

 しかしである。
 ころころと診断を変えてほとんど出勤することなく五年給与をもらい続けるなど、誰にでもできることではない。普通は途中で退職勧告が来るだろう。本当に病気で苦しんでいても来ると思う。公務員には「分限免職」という処分があって、これは例えば、自分の責任ではなく事故で四肢を喪失したとしても、本人が職務を遂行できない状態になったと判断されれば、行える処分だ。実際には例えば統合失調症で、回復の見込みがなく、本人の意思確認すら行えない場合などに、適用されるようだ。いかに紙の上で問題なくても、上記のような勤務態度ならこれが使えるだろう。ましてもし、診断書が虚偽で、就労が十分可能だったのなら、詐欺行為で懲戒免職ものだ。

 このような行為が可能になったのは、九分九厘彼の「地位」による。「部落開放同盟の幹部」というのがそれだ。元来公務員には同組織関係者が多い。まして奈良は、非常にコネが有効な土壌で、一時期教員はコネがないとまず採用されなかった。この男が解同の地位をかさに公金を懐に流し込んでいたことはほぼ確実だ。
 ヤクザの生活保護受給や、部落関係者の公金不正受給は、実際には知らない者のない有名な話だ。今般生活保護の審査も厳しくなり、福祉についても、地方公共団体の財政難から、じりじり後退する一方だ。それ自体は仕方がない(ただし後退を後退と認めないのはよろしくない。何が「自立支援」だ、とか)。しかしその情勢下でこのような男の存在は、そりゃ庶民はブチ切れて当然だ。

 この問題については、「公務員」バッシングに問題をすり替えないように報道側には望みたい。解同叩き、解同と地方公共団体の関係について叩くなら、歓迎だ。実際、もろにニュース記事に解同の名が出てる時点で、ちょっと驚いている。これは進歩だと思いたい。昔は危なくて何も言えなかった(今も多くの地方都市でそういうのは残ってるだろう)。こういうのをきっかけに少しでも社会の腐敗の膿が出せるとよい。善良なる庶民ばかり「痛み」を背負わされちゃたまらんでしょ。

福岡のいじめ自殺の件

 学校がらみのスキャンダルについては、私はマスコミの報道をまにうけることはない。彼らはセールスのために平気で嘘をつくからだ。乗せられて騒ぎ立てたくはない。
 だがいくら割引いても、昨日あたり記者会見で明らかにされた、少年の一年生時の担任の言動は許しがたい。はっきり言って吐き気がするほど不愉快だ。自殺した子が彼にとっていかに手のかかる子だったとしても、少年が悩み続けたあだ名の元凶が担任教師だなどということがあっていいのか。問題を抱え集団に適応しにくい子こそ教師の助力を必要としているのではないのか。
 少年を死に追い込んだ子どもらの多くは、結果の重大さに驚いていることだろう。「他人の痛み」がわかるようになるにはある程度の社会性の成熟が必要だ。一人の人間を死に追い込んだ重みを、もし理解できるようになるとしても、だいぶ先の話だ。子どもの、未熟さゆえの残酷さは、ある程度しかたがない。だからこそ大人の目や手が必要なのだ。なのにあり得べからざる鈍感な大人が、人権無視の集団形成を助長した。
 一生かけて償うとか言っていたあの教師。言葉が軽々しい。お前はまず一日も早く教壇を降りるべきではないのか。本当に不愉快だ。許せない。

また核かよ:北朝鮮

 ここ数日北朝鮮の核実験騒動で、世界の経済も大きな影響を受けているようだ。北朝鮮が問題なのは、意図が不明確というか、何をしでかすかわからないところだ。
 アメリカが戦争を起こす場合、背後に明確な利害が存在するので、後の展開を読むことはできる。読めてもアメリカは強大すぎて、世界に打つ手はないわけだが。
 しかし北朝鮮についてはあのしょんべんミサイルといい今回の核実験といい、中国すら対応に困惑する無軌道さだ。専門的アナリストなら少しは、と思うが私の知る限りうなずける北の行動原理を説明する理論はみかけない。やけくそってやつだろうか……。しかし韓国や日本が汚染物質の飛来を心配するようでは本国では明確に人間や自然が犠牲になっているだろう。鼻で笑って流すわけにはいかない暴挙だ。

 日本への直接的な被害という意味では、長距離ミサイルや核など、技術のいる「攻撃方法」は実際にはさほど脅威ではない。しかし、細菌や毒ガスはどうか。小さなカルト教団があれだけの大騒動を起こしたのを忘れてはいけない。サリンやVXガスは、原料自体は合法のものばかりらしい。あれが撒かれる場所や時、少しでも違っていたら千人単位の死者が出ていても不思議ではない。まして弱体化しているとはいえ、独立国家がもし、本気で日本人を殺したいなら、だ。
 そう考えれば、北朝鮮も日本を本気で攻撃する気はないと推察できる。こちらからはやけくそに見えても、やはり彼らにも意図はあるのだ。もし日本で数千人の死者が出たら(いや百人でも)、日本軍はすぐに動きにくいとしても、米軍が必ず北に上陸する。それは北も望んでいない。が、北の読みと諸外国の見方にはやはり乖離がある。この乖離がこわい。何が起こるかわからない。ゆるやかに崩壊するのが一番だと思うが、何の犠牲もなく、とはいくまい。早く決着を見たいものだ……。一番気の毒なのは飢えと圧政に苦しむ北の国民だろう。これについてプロパガンダだという批判は説得力がない。脱北者の存在がなによりの証だ。西の報道に誇張があるにしても、危険を冒してどんどん抜け出して来る流民の存在は、少なくとも北の状態がよくないというフラグとして受け取るべきだろう。

 話は変わるが、今回もまた、大国の態度を見てかなりの疑問を感じた。
 核実験に対して日本や韓国は不快感や抗議を顕す資格がある。しかし世界の大半の核兵器を所持して使用した「前科」もあるアメリカや、中、ロなど核保有国に何か言う資格があるだろうか。
 国連も「公」のスタンスを強弁するつもりなら米露中などの核保有を批判してみてはどうか。いくら批判声明など出しても、北の国内でもいくらでも言い訳はできるだろう。山盛り核を持ってる米がこわくないかと言われればこわいに決まっている。

 北朝鮮が日本に与えられるダメージなどたかが知れている。長期的にはこの狂った世界秩序の方が人類の未来にとってのガン細胞となるだろう。しかしこれについての解決手段を考えたとき、やはり行き詰まりと絶望を感じずにはいられない。国家の軛と別れを告げない限り、人類の未来は明るくないのかもしれない。

プロフィール

Y.S.

Author:Y.S.
ネットを中心として活動する文章屋です。最近はiPhoneにはまってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
AD
AD

月別アーカイブ
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

AD

AD
タグ

iPad iPhone 電子書籍 Kinoppy Android 映画 大泉洋 こんにゃくゼリー Annular YouTube eclipse パソコン iPhoneJailBreak 脱獄 BDZ-AT350S GV-MVP/XS2 動画 キャプチャボード iOS5.1.1 レイアウト 時事問題 ニュース 社会問題 小説 箱庭の虹 性同一性障害 同性婚 縦書き ミステリ 一太郎 ダウンロード EPUB3 金環日食 ハードボイルド 修理 "ULTRA WiFi" 中古 ホームボタン エヴァンゲリオン iPhone5 ジャンゴ タランティーノ テキストエディタ jota 加藤コミッショナー 統一球 レビュー プロ野球 ヱヴァンゲリヲン 生活保護 著作権保護 動画編集 コピーガード Blu-ray 地デジ ブルーレイ アプリ ダウンロード販売 TPP 消費税 自衛隊 教育 同人誌 選挙 iTextPad